下水道管路包括的維持管理業務委託がスタートします

下水道管路包括的維持管理業務の目的

下水道管路の日常の維持管理に関する各種業務等を複数年かつ包括的に委託することにより、民間事業者の体制  
やノウハウを活用するとともに創意工夫を促し、通報受付から現地確認、原因特定、緊急対応までをワンストップ
で行うなど、業務の効率化及び利用者サービスの向上を図ることを目的としています。

下水道管路包括的維持管理業務の概要

業 務 名  小田原市下水道管路包括的維持管理業務
履行期間 令和4年(2022年)11月1日から令和9年(2027年)3月31日まで
受託業者 小田原下水道サービス
     (代表企業)管清工業株式会社 神奈川営業所
     (構成企業)小田原市土木建設協同組合
           小田原市管工事協同組合
           フロンティア1株式会社
           株式会社東京設計事務所 横浜事務所

対象施設 小田原市公共下水道管路(汚水)
施設内訳 数量
下水道本管(汚水) 約590km
人孔、人孔蓋 約25,000基
取付管、公共ます 約50,000基
マンホールポンプ 24基

業務内容 
(1)統括監理業務
   業務全般の統括監理、下水道管路維持管理計画策定業務など
(2)計画的維持管理業務
   下水道管路(汚水)の計画的な点検・調査・清掃・修繕・改築業務
(3)住民対応等業務(ワンストップサービス)
   住民対応業務(通報受付等、現地確認、調査)
   事故対応業務(施設の異常発生時における清掃・修繕)
 

市が管理する下水道施設のお問い合わせ先が変わります

 下水道施設の異常を見つけた場合は、下記にお問い合わせ下さい。
 お問い合わせ先
  
受託業者:小田原下水道サービス
  
電  話:0465-46-9932
 
 ※24時間 365日受付
  ※小田原下水道サービスの職員は、市で発行した身分証明書を携帯しています。
ワンストップサービスのイメージ図

下水道施設の管理区分

管理区分の図。公共マスから道路側は市の管理、建物側は所有者等の管理。
 ◆市が管理する公共汚水ますや下水道管が詰まったとき 
  ・市が管理する施設となるため、上記へお問い合わせください。
  ・作業員が現地に伺い、詰まりを解消するための調査・清掃等させていただきます。
  ・費用については、無料です。
 ◆敷地内にある排水管や私設汚水ますが詰まったとき
  ・敷地内の排水設備(排水管や汚水ます)は、お客様の私有財産になりますので、お客様で清掃等を行ってい   
   ただく必要があります。
  ・費用については、お客様負担となります。
   依頼する業者により清掃費用が異なります。必ず清掃費用を確認し、ご納得した上で依頼をしていただきま   
   すようお願いいたします。
上記のことや下水道のことについてわからないことがありましたら、下記にお問い合わせください。
小田原市上下水道局下水道整備課維持係
電話 0465-42-1623

最終更新日:2022年10月31日



この情報に関するお問い合わせ先

上下水道局:下水道整備課(小田原市高田401)

電話番号:0465-41-1627


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.