放射線科

最終更新日:2014年01月15日


x線撮影

 X線撮影とは身体にX線を照射して写真を撮る検査のことです。一般的にレントゲン撮影といわれている検査のことです。この検査では主に胸部では肺の状態や心臓の大きさ、腹部ではおなかのガス(空気)や結石(石)、骨格系では骨折や関節の状態が分かります。

症例写真

腹部X線写真

腹部X線写真

頭部X線写真

頭部X線写真


 当院ではX線撮影室は3部屋あり、この中に一般デジタル撮影装置が3台、歯科用撮影装置が1台あります。撮影はすべてCR装置で行っています。

 CR装置とは・・・Computed radiographyの略で、フィルムの代わりにIP(イメージングプレート)を用いて、X線で撮影した情報をコンピュータで読み取りデジタルデータとして保管し、このデータをコンピュータで処理されたX線写真を作るものです。これにより、高画質の画像を提供でき、かつ経年変化を生ずることなく画像を保管出来ます。

検査を受けられる患者様へ

撮影部位に、金属類、ボタン などがあると撮影の妨げとなる場合がありますので、外すか、あるいは着替えていただく場合がございます。


小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.