脳神経外科

 当院において、昭和59年に脳神経外科を開設して以来、当科は西湘地区の脳神経外科診療の中核を担ってきました。
 しかし昨今の医師不足は西湘地域においても例外ではなく、特に脳卒中診療に携わる脳神経外科医、神経内科医、リハビリテーション医、総合内科医の不足は深刻です。
 そのような状況下ですが、当院では3名の脳神経外科医が24時間体制で診療に当たっています。脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷など脳神経外科疾患全般に対して常に迅速な診断と的確で安全な治療が行える体制を整えています。
 
 くも膜下出血を発症する危険性のある未破裂脳動脈瘤や、脳梗塞発症予防のためのバイパス手術に関しては、安全にかつ積極的に治療を行っています。また顔面痙攣や三叉神経痛に対する根治手術、顔面痙攣に対するボツリヌス治療なども行っています。

 高齢化人口の増加に伴い、必然的に増えている物忘れや認知症の診療については、はじめに心身医療科にご相談ください。

当院の主な設備

MRI:2台、CT:2台、DSA:1台、PET-CT:1台

認定施設

日本脳神経外科学会認定医訓練施設、日本脳卒中学会認定研修教育病院、横浜市立大学脳神経外科教育訓練協力病院

地域医療機関との連携

・当院は日本脳神経外科学会認定医訓練施設であり、日本脳卒中学会認定研修教育病院です。また、横浜市立大学脳神経外科教育訓練協力病院です。
・集学的あるいは専門的治療(ガンマナイフ等)が必要な疾患に対しては、大学や他の専門医療機関とも提携して治療を行っています。
・脳卒中診療に関しては神奈川県西部地域の回復期リハビリテーション病院と連携して診療を行っています。入院されて急性期治療が終了した後に引き続きリハビリテーションが必要な場合は、回復期リハビリテーション病院を紹介させていただいています。
・当科は紹介制です。初診ご希望の方は、紹介状をご持参ください。

スタッフ紹介

役職名
氏名
資格等 専門領域
主任部長
山中 祐路
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中の外科学会技術指導医
日本脳卒中学会専門医・指導医
神経内視鏡技術認定医
身体障害者福祉法指定医
脳血管障害、脳腫瘍、脳神経外科全般
医師
五林 優子
  脳神経外科全般
医師
小倉 将
  脳神経外科全般
医師
益子 悠
  脳神経外科全般

小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.