形成外科

 形成外科では、主に皮膚・皮下にある病気の外科的治療を行います。
 皮膚の異常や変形を治し、失った機能や体の一部を新たに作ることなどができます。

 なお、1才未満の全身麻酔が必要な治療に関しては、乳幼児集中治療室を備えた医療機関への紹介を行っています。

顔面外傷、外傷後変形(けが、熱傷など、またはけがや手術の傷跡、変形)

 体の浅い部分のけが、顔面外傷などは形成外科の専門分野です。たとえば、擦り傷、切り傷、熱傷(やけど)、顔の骨折(鼻骨骨折/頬骨骨折/下顎骨骨折)、それに交通事故などにより皮膚がはがれてしまった場合なども治療します。また、以前のけがの傷跡で、ケロイド状(傷跡が赤く盛り上がった状態)になったもの、拘縮(ひきつれ)をおこしているもの、外傷後に顔のゆがみを来しているものなども形成外科の専門分野です。

腫瘍、腫瘍手術後変形(皮膚のできもの、またはその手術後の傷跡や変形)

 主に体の表面の良性、悪性の腫瘍を、できるだけ機能や形態を損なわないように治療する分野です。また、他の科の手術で失われた組織を治すこともします。例えば乳がんの手術後の乳房再建などです(乳輪・乳頭も再建可能です)。

表在性先天異常(生まれつきの体の表面の形や色の異常、あざなど)

 体の外表面の形や色に関する生まれつきの異常は全て形成外科で行います。耳、口、鼻、まぶた、おへそ、性器、手指などの多くの病気があります。赤あざ、青あざ、黒あざなど種々のあざの治療も行います。特殊なレーザー照射については専門機関を紹介しています。

主な対象疾患

新鮮外傷、新鮮熱傷

  • 新鮮顔面外傷
  • 小範囲熱傷
  • 化学熱傷
  • 凍傷

顔面骨骨折および顔面軟部組織損傷

  • 鼻骨骨折・鼻篩骨骨折
  • 眼窩壁骨折(眼窩底骨折)
  • 頬骨骨折
  • 上・下顎骨骨折

唇裂・口蓋裂

  • 唇裂

手、足の先天異常

  • 合指症
  • 多指症
  • その他の四肢異常

その他の先天異常

  • 眼瞼下垂症
  • 副耳
  • 耳垂裂
  • 埋没耳
  • その他の耳介異常
  • 副乳
  • 陥没乳頭
  • 臍突出症・臍ヘルニア

母斑、血管腫、良性腫瘍

  • 色素性母斑
  • 扁平母斑
  • 脂腺母斑
  • 苺状血管腫
  • 海綿状血管腫
  • 動静脈奇形
  • 脂肪腫
  • 粉瘤
  • 石灰化上皮種

悪性腫瘍およびそれに関連する再建

  • 乳房再建
  • ボーエン病
  • 乳房外ページェット病
  • 基底細胞癌
  • 扁平上皮癌
  • 悪性黒色腫

その他

  • 老人性眼瞼下垂症
  • 眼瞼内反症
  • 瘢痕拘縮
  • 瘢痕・肥厚性瘢痕、ケロイド

スタッフ紹介

役職名
氏名
資格等 専門領域
担当部長
西村 正樹
形成外科専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医 皮膚悪性腫瘍切除、再建、先天異常、唇裂、乳房再建、多指(趾)症・合指(趾)症

小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.