産婦人科

最終更新日:2019年04月26日


当科の診療内容-産科

・お産は原則として自然分娩で行います。外来から分娩まで産科医師と助産師が合同で管理し、立会を行うことで、安全なお産を目指します。

 

・医学的な理由がある場合には、帝王切開や分娩誘発などを行いますが、希望による計画分娩や無痛分娩は現在行っていません。

 

・骨盤位(逆子)、帝王切開既往のある妊娠、双胎妊娠の場合は帝王切開での分娩となります。

 

・双胎妊娠においては、原則30週前後から入院管理とさせていただき、胎児管理と早産予防に努めています。

 

・出生前診断としての羊水染色体検査を行っています。カウンセリングを2名の臨床遺伝専門医や胎児診断の専門病院で修練を積んだ医師が主に行っています。

 

・地域母子医療センターとして、産科救急をはじめ、母体の合併症や早産児の管理に小児科と共に24時間対応をしています。

 

・日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)制度研修指定施設に認定されています。

 

・夫立会い分娩を行っています。御希望の方は外来受診時に御相談下さい。


・当地域の産科医療事情に配慮し、他院里帰り分娩予定の方の妊婦健診もお引き受けしていますが、遅くとも妊娠32週には里帰り先の分娩施設におかかりになることを条件とさせていただいています(母体合併症や妊娠経過によってはより早めの里帰りをお勧めする場合もあります。)

 

・2018年度の分娩数は848件、うち帝王切開分娩169件(19.9%)、鉗子・吸引分娩79件(9.3%)、などでした。


小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.