リハビリテーション室

最終更新日:2020年10月12日


教育について

キャリア・ビジョン

2年で急性期の一般的な疾患を経験する

5年で将来のセラピスト像を明確にする

10年でチームリーダーとなる

15年で専門性を有するスペシャリストまたは組織マネージメントを担うセラピストとなる

教育内容

「個人の特性やキャリアビジョンに準じて教育を行います」

職場内教育
OJT(on the job training)

・新人教育研修(臨床業務に必要な知識・技術・礼節の研修)
・メンター制度
・院内資格(吸引、心肺蘇生法、カフアシストの使用)
・症例報告、症例検討会

職場外教育
Off-JT(off the job training)

・1~2週間の周期で地域の病院を病院を含め研修会を行っています。
・年に1、2回、外部講師に研修会を依頼しています。
・地域の病院と症例報告、検討会を行っています。

病院実習:Teaching is learning twice

当院では、臨床、教育、研究の総合力を高めることを理念としています。そのため、卒前教育は当院において重要な柱となっています。
卒前教育に関わることは、当院のリハビリテーション室の知識や技術の向上に欠かせないものであると考えています。当院は随時、積極的に病院実習を受け入れていますので、質問などがある方は、リハビリテーション室までお問合せください。
問い合わせ先:リハビリテーション室 小澤 哲也
図

学生の臨床実習.pdf  PDF形式 :761.4KB



小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.