市長の日記

市長の日記

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2019年10月23日(水)

秋の催事、各地で

 台風20号から変わった温帯低気圧は、強い風雨とはならずホッとしました。天候が心配された皇居での即位礼正殿の儀も、途中から陽が射し虹もかかるなどの僥倖の中、無事に終えられ何よりでした。「令和」の世が平和で、様々な課題があっても人々が支え合って乗り越えることができる時代となることを、改めて願うものです。
 10月の週末は、諸行事が目白押しとなります。19日・20日も、市内各所の催事で各所を巡らせて頂きました。
 19日は、小田原経営研究会(小田原賢人会)の創立40周年記念式典に列席。記念として、「ふるさと緑基金」へのご寄付と、再開発事業用地前のお城通りへハナミズキのご寄贈を頂きました。郷土・小田原の活性化を目指す地域経営者の皆さんの息の長い活動に、感謝と敬意をお伝えしました。

続きを読む...

2019/10/23 13:57 | 未分類

2019年10月21日(月)

EVシェアリング事業 ほか

 ラグビー W 杯の準々決勝で、 19 日にはワラビーズが、 20 日には日本代表が、それぞれ敗退となってしまいました。結果は本当に残念ですが、今回のラグビーを通じた様々な経験と交流は、私たちにとても大きなものを運んでくれました。できることなら、ワラビーズの皆さんを小田原でゆっくり慰労し、お礼の気持ちを伝えたいところですが、 W 杯では敗退国は 48 時間以内の出国が義務付けられているとのこと。おそらく大分から羽田を経てオーストラリアに帰国されることでしょう。ワラビーズの皆さん、本当にお疲れ様、そして、ありがとう!
 18 日は、とても内容の濃い一日となりました。
 朝一番で来室されたのは、明日 22 日に小田原公演を控えている、和太鼓集団「鬼太鼓座(おんでこざ)」の松田代表と、小田原出身で主力奏者の木下さん。日常での厳しい鍛錬を経て繰り出される圧倒的な大太鼓の演奏は、国内だけでなく世界的に高く評価されており、今回のラグビー W 杯の開会式でもその演奏が披露されました。小田原市では初演であり、木下さんにとっては凱旋公演ともなります。市民会館で夕方 5 時から。とても楽しみです。

続きを読む...

2019/10/21 11:58 | 未分類

2019年10月18日(金)

ベトナム大使、自治会長大会、SDGs実行委員会

 台風19号通過後、翌日こそ晴れ上がったものの、雨の日が続いています。天気予報では来週も雨が続きそう。被災地での復旧作業、さらには秋冬の農作物の生育などに影響が及ぶことが心配です。
 16日、駐日ベトナム特命全権大使のヴー・ホン・ナム氏が、ご令室および大使館職員の皆さんと共に、小田原にお越しくださいました。これは、ベトナムのVIP向けツアーを造成する神奈川県の取り組みの一環であり、まずは大使ご自身に体験頂こうと、このたび、主に小田原市内で実施されたものです。報徳二宮神社、だるま料理店、小田原城を巡って頂きながら、和傘づくり、箱根の芸者衆との交流、忍者体験、そして小田原の新鮮な魚料理などを楽しんで頂きました。私も昼食をご一緒し、大使ご夫妻と歓談。かつてベトナム独立の父であるファン・ボイ・チャウに対し手厚い支援の手を差し伸べた、小田原の医師・浅羽佐喜太郎とのご縁などを話題に、ベトナムと神奈川、小田原との交流をさらに深めていきましょうとの考えを共有させて頂きました。
 

続きを読む...

2019/10/18 15:08 | 未分類

2019年10月17日(木)

スピーチをふたつ

 15日は、二つの場で話をする機会がありました。
 ひとつは、東京・大手町で開かれた「一般社団法人スマートシティ・インスティテュート」の第1回設立記念総会における、シンポジストとしての登壇。「日本のスマートシティの拡大と高度化に貢献することを目的」として、日本経済新聞社などが中心となって設立した組織で、多くの企業や自治体が加盟し、各分野の識者らが役員やアドバイザーに就任しています。この日はそのキックオフを兼ねた記念フォーラムが開かれ、第1部で「SDGs未来都市が推進する持続可能な街づくり」、第2部で「ヒューマンファクターとデジタルテクノロジーの融合で創造するスマートシティの姿とは」と題し、それぞれパネルディスカッションが行われたものです。
 私は第1部で登壇、富山市森市長、見附市久住市長、北九州市北橋市長、東京工業大学柏木特命教授と並んで、東大名誉教授の村上先生のコーディネートのもと、それぞれの取り組みなどを発表。私からは、小田原がこれまで取り組んできた「持続可能な地域社会」への歩み、今後の更なる推進において「人」がカギを握ること、その育成を目指す「おだわら市民学校」の取り組み、関連する幾つかの事業などを紹介。新たな技術によるイノベーションに意欲的に取り組むことの前提として、しっかりした「人の力」「地域の力」を育てていくことが極めて大切である、との考えを述べました。他の市長さんたちからの発表もたいへん興味深く、小田原が取り入れたい事例も数多くあり、今後交流を深めていきたいと感じました。

続きを読む...

2019/10/17 11:13 | 未分類

2019年10月16日(水)

被災対応、漁師のさばフレーク

 台風 19 号による各地の被害状況が、次第に明らかになってきました。上信越~東北地方の数十か所におよぶ河川決壊がもたらした浸水被害は、その数と発生エリアの広さにおいて、かつて無かったものです。秋が深まり寒さがつのる中、自宅の惨状に途方に暮れ、避難生活を余儀なくされている皆さんの辛さは、察するに余りあります。
 そして、累積雨量 1000 ㎜を越えた箱根。全山で過去にない降雨量があり、それに伴う芦ノ湖の水位上昇による施設冠水、土砂崩れ、鉄道と幹線道路の寸断、施設の被害など、台風の傷跡は深刻です。近隣では南足柄での土砂崩れ、山北などでの断水などの被害が報告されていますが、県西地域の経済活動に大きな役割を果たしている箱根の状況に対しては、近隣市町ができる限りの支援をしなくてはならないと考えています。
 被災された市民の皆さんへは、災害廃棄物の処理、罹災証明の発行、当座のお住まいの支援などを進めるほか、小田原市社会福祉協議会ではボランティアを募集し、片付けのお手伝いを始めています。台風 15 号で甚大な被害を受けた千葉方面には、南房総市に罹災証明発行支援で資産税課職員を、また避難所での健康管理などで健康づくり課職員を派遣していましたので、こうした職員のノウハウを本市の被災者支援に役立てることができると考えています。
 近隣市町からの支援要請に対しては、断水が続いている南足柄市に給水車を派遣したほか、送水管が土砂災害で破断し断水が続く熱海市にも給水車を派遣。台風 19 号関係ではないですが、先の台風に伴う水害でひどく被災した佐賀県多久市での土木復旧作業を支援するべく、嚶鳴協議会のご縁を通じて、建設部職員を派遣。苛酷な被災の現地で実際に支援活動を行うことは、本市の災害対応力の強化にも繋がるものであり、可能な限り取り組ませて頂く考えです。
 台風前の話題になりますが、 8 日、小田原地魚大作戦協議会の田川さんと市川さんが来室。 9 月に販売が開始された新商品「漁師のさばフレーク」のご報告を頂きました。

続きを読む...

2019/10/16 11:24 | 未分類

2019年10月15日(火)

台風 19 号

 台風 19 号が、大型で非常に強い勢力を保ったまま、 12 日夜に小田原の真上を通り抜けて行きました。数日前から様々な状況を想定し、 11 日朝には全部局長を集めての対策会議を実施。命を守り、被害を最小限に食い止めるよう、細かなことまで含め指示を行い、対策の全容を全庁的に共有して臨みました。
 12 日は早朝より、市職員の半数近くが参集、それぞれの持ち場に就きました。朝 7 時から開設した避難場所には、時間の経過とともに多くの市民の皆さんが避難、特別警報が発令された夕刻には市全体で 7000 人を超え、最も多かった豊川小学校では 439 人に。強まる風雨の中で溢水が確実視された久野川では、建設事業者・消防団・市職員らによる懸命の土のう積み(数千袋)が行われたほか、各地区の消防団の皆さんが精力的に土のう配布や設置を実施。土砂災害の危険性が高い地域へは広報車を回して避難を促し、昨年の台風 12 号で被災した TOTOCO 小田原や漁港周辺では職員が高波を監視。私は本庁舎の災害対策本部において、全市から集まる状況を踏まえ、個別に細かく指示。刻々もたらされる各種報告への対応を続けました。
 午後 8 時前、東から強く吹き付けていた風雨がぴたりと止み、台風の中心部に入ったことが判りました。その後、強い吹き戻しを警戒しましたが、それ以降はさほどひどくなることもなく、 午後10 時過ぎにはほぼ風雨も終息。 11 時に本部会議を招集、 1 日の動きや被害状況などを共有し、風雨が収まったことを受け、市内の被害状況確認とその対策実施に向け、次のフェーズへと移行しました。

続きを読む...

2019/10/15 12:16 | 未分類

2019年10月11日(金)

SNOAが社会参加章を受章

 台風19号が明日午後から夕方にかけて小田原に接近し、夜半にかけてごく至近を通過することになりそうです。昨日10日は、これまで進めている対策の進捗を確認するとともに、各種情報を収集。大潮と重なり高潮が懸念される漁港の駅TOTOCOには直接足を運び、状況を確認しました。

続きを読む...

2019/10/11 12:19 | 未分類

2019年10月10日(木)

ノジマからご寄付、フレーム切手『小田原さんぽ』

 台風 19 号の関東直撃が現実的なものとして迫っています。最終的にどのようなコースを辿るかはまだ多少流動的ではありますが、かなりの風雨が来ることは間違いありません。すでに防災部などには対応を指示しているところですが、再度確認を行い、態勢を整えます。

続きを読む...

2019/10/10 11:30 | 未分類

2019年10月09日(水)

早川に臨時観光案内所ほか

 5日、早川臨時観光案内所の開所式を行いました。

続きを読む...

2019/10/09 11:19 | 未分類

2019年10月08日(火)

富士フイルムからの提案、江之浦測候所

 猛烈な勢力へと急速に発達した台風19号。この週末にかけて関東に接近する可能性が高まってきました。房総半島や神奈川県東部に甚大な被害をもたらした15号よりも、更に強い勢力で近づく可能性があります。12日は市内で数多くの健民祭、祭礼、おでん祭りなどが予定されており、13日にはラグビーW杯の日本VSスコットランド戦。様々な行事への影響が少ないことを祈ります。

続きを読む...

2019/10/08 12:24 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.