市長の日記

市長の日記

[先頭]  <<    4   5   [6]   7   8   >>   [最後]
2019年07月18日(木)

タイ自治体研修、相洋高校陸上部など

 16 日、朝一番でタイからの訪問団をお迎えしました。市役所に来られたのは、「タイ自治体研修」に参加された、 34 名の皆さん。これは、タイの地方自治体幹部、タイ・内務省職員、タイ・タマサート大学教員などが参加し、日本の地方自治体のマネジメントや高齢者福祉・障がい者福祉の取り組みについて学ぶ研修で、日本側では非営利国際協力団体である野毛坂グローカルの皆さんが支援されています。 6 日間ほどの日程で研修が組まれており、この日は小田原市における地域福祉の取り組みを説明したほか、市庁舎内をご案内しました。
 冒頭、私から歓迎のご挨拶。市長就任前の 2007 年 3 月、タイの農村部などを視察し現地の皆さんと交流したこともあり、タイの皆さんにはとても親近感を抱いていること、小田原でも福祉分野などではタイからの人材に助けてもらっていること、今後も日本とタイの交流を深めるべく、今回のご縁を大切にしていきたいことなどをお伝えしました。

続きを読む...

2019/07/18 10:59 | 未分類

2019年07月17日(水)

鹿島踊り、ベルマーレホームタウンデー

 夏休み前、 15 日の「海の日」を含む 3 連休は、夏の訪れを告げる絶好の行楽チャンスでしたが、時折強く降る梅雨空が続き、例年なら賑わう各地の集客エリアや施設では人出が今一つとなったようです。
 そんな中、 14 日には幾つかの行事に伺いました。

続きを読む...

2019/07/17 13:45 | 未分類

2019年07月16日(火)

みなかみの国有林を視察

 11 日・ 12 日の 2 日間、群馬県みなかみ町に拡がる国有林「赤谷の森」を視察しました。小田原市では今年度・来年度の 2 か年をかけて、 50 年先・ 100 年先を見据えた「(仮称)おだわら森林ビジョン」を策定しますが、そこで目指すべき森の姿や役割を見定めるべく、国家的な取組が行われている「赤谷の森」に学ぼうと、「おだわら森林・林業・木材産業再生協議会」の皆さんと共に現地を訪ねたものです。 
 この取組は「赤谷プロジェクト」と呼ばれており、みなかみ町北部から新潟県境に拡がる約1万 ha の国有林を対象に、地域住民で組織する「赤谷プロジェクト地域協議会」、「林野庁関東森林管理局」、「日本自然保護協会」の3つの中核団体が協働し、生物多様性の復元と持続的な森づくり・地域づくりを進める取組で、正式名称は「三国山地/赤谷川・生物多様性復元計画」とされています。現在林野庁から小田原市に派遣されている市経済部農政課林業振興担当課長の新倉さんが、同じく林野庁からみなかみ町に出向されているエコパーク推進課長の髙田さんと繋がっていることから、今回2日間にわたっての濃密な視察プログラムを組むことができました。

続きを読む...

2019/07/16 15:46 | 未分類

2019年07月12日(金)

ふるさと暮らしセンター、響泉さん

 10日は朝から東京へ。全国市長会の会合2件に出席しました。午前中は、財政委員会及び都市税制調査委員会の合同会議に、財政委員会副委員長として出席。総務省自治税務局長などからの直近情勢についての報告、国への提言・要望内容についての協議などが行われました。午後は、理事・評議員合同会議に、神奈川県市長会枠の評議員として出席。文化庁・宮田長官の講演後、全国市長会の各種活動報告、環境特別委員会の設置などに関する協議などが行われました。
 

続きを読む...

2019/07/12 10:50 | 未分類

2019年07月11日(木)

社協・ JC ・市の三者協定ほか

 7 月も中旬に入ってきましたが、向こう一週間の天気予報には依然として晴れマークが出てきません。長袖を着ていても汗をかかず、涼しくて凌ぎ易いことは有難いですが、農作物にとっては日照・気温共に不足の状態で、「冷害」のような気象状況ではないかとさえ感じます。
 先週末、市内では諸行事が行われていました。
 6 日。生涯学習センターけやきでは第48回小田原市公民館大会が開かれました。前半の部では市内にある 129 の公民館より館長や役員の皆さんが集い、優れた活動を行っている公民館や、積年の役員功労などがあった皆さんの表彰式があり、後半の部では二宮金次郎の事績について本市学芸員からの講演が行われました。会に先立って登場された市内コーラスグループ「コール・キャロット」の皆さんの歌声が、とても素晴らしかった。

続きを読む...

2019/07/11 11:37 | 未分類

2019年07月10日(水)

環境省森本事務次官、若い力

 4 日午後、環境省へ。環境分野で様々な取り組みを進めてきた小田原市としてたいへんお世話になった、環境省事務次官の森本さんをお訪ねしました。 7 月 9 日をもって事務次官を退任されることとなり、これまでのご厚誼に対するお礼を申し上げました。
 環境省とは、本市への職員派遣を平成 23 年度から行っていただいており、初代の山本さん、 2 代目の泉さんと、いずれもたいへん優秀なお二人の活躍によって、東日本大震災以後全国に先駆けた小田原市のエネルギー政策、森里川海を繋いだ環境政策や「おだわら環境志民ネットワーク」の立ち上げなど、着実に成果を生み出して頂きました。また、本市からも環境省に職員を派遣させて頂くことで、環境省とのネットワークの強化、帰庁後の本市環境分野での活躍など、大きな力になっています。
 こうした一連の関係を継続・強化して頂いたのが、森本さんです。審議官時代から度々お目にかかる機会を頂き、首都圏にあって豊かな環境に恵まれた小田原の可能性に着眼され、ご指導を頂いてきました。この 7 月からは、 3 代目となる福井さんを小田原市にお迎えすることができ、未達の諸課題に挑んで頂くなど、今後環境省との連携体制が益々重要になる局面です。事務次官をご退任後も、ぜひ引き続きのご指導をお願いしたいと、心からの感謝と共にお願いをさせて頂きました。

続きを読む...

2019/07/10 13:14 | 未分類

2019年07月08日(月)

報徳更生寮

 今年は例年になく梅雨らしい天候が続いており、なかなか太陽が顔を出してくれませんが、今朝は久しぶりに青空が広がっています。毎年タネを採り続けて 10 年以上が経つ我が家のアサガオも、今日は爽やかな顔で咲いているように見えます。
 2 日、更生保護施設である「報徳更生寮」を視察させて頂きました。この施設は、「更生保護事業法に基づく更生保護事業として、犯罪や非行をした人で更生の意欲が認められる者を宿泊保護し、必要な指導や援護を行うことにより、その更生を促して社会復帰を援助します」(同寮のしおりより抜粋)とあり、刑務所を仮出所または満期出所した人、刑の執行を猶予され保護観察に付された人などが対象となっています。
 大正 12 年に「谷津少年園」として創設され、昭和 3 年に小田原少年園と改称、昭和 25 年に更生保護事業の経営認可、昭和 59 年に報徳更生寮へ改称、現在に至ります。小田原では少年院が長い間開設されていたこともあり、小田原地区保護司会や小田原市更生保護女性会など、更生保護活動がとても盛んな地域で、私も就任以来この報徳更生寮のことは勿論承知しておりましたが、なかなか伺う機会がなく、保護司会の元会長であり現在報徳更生寮の理事長を務めておられる志村宗男さんのご案内もあって、今回初めて訪問させて頂いたものです。

続きを読む...

2019/07/08 13:43 | 未分類

2019年07月05日(金)

小田原市、 SDGs 未来都市に

 1 日、内閣総理大臣官邸にて「 SDGs 未来都市選定証授与式」が執り行われました。
 SDGs (エスディージーズ、「持続可能な開発目標」の意)とは、 2015 年 9 月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ」にて記載された、 2016 年から 2030 年までの国際目標のことで、持続可能な世界を実現するため 17 の分野に目標(ゴール)を設定しています。採択からまだ 5 年目ですが、すでに世界的な潮流となっており、国内でも政府をはじめ各自治体レベル、さらには経済界においても、目標化と取り組みが急速に進んでいます。

続きを読む...

2019/07/05 15:48 | 未分類

2019年07月04日(木)

雨の中、市内各所へ

 6 月 29 日、午前中に「小田原市いっせい総合防災訓練」を終え、着替えてすぐに午後のスケジュールへ。雨の中、市内各所で行われていた幾つかの催しの会場に伺いました。
 蛍田にある潤生園在宅介護総合センターれんげの里では、「みんなでつくるバリアフリー~まち歩きイベント WheeLog (ウィーログ) in 小田原」が開かれ、この日は一般社団法人 WheeLog 代表の織田友理子さんの講演会が行われました。織田さんは、大学時代に難病である遠位型ミオパチーとの診断を受け、以来徐々に障害が進む中、車いす利用者の視点から街や社会のバリアフリー化に向けた活動を精力的に行っておられます。織田さんとは、一昨年の神奈川県西地区リハビリテーション連絡協議会のイベント、そして昨年夏に小田原で初めて開催された WheeLog のまち歩きイベントでお目にかかっており、この日は 3 回目。織田さんの明るく前向きな、そしてチャレンジする姿勢に触れる度、こちらも頑張らねばと思わされます。ご挨拶するとともに、小田原市の現在の取り組み、今後に向けた思いなどを参加者にもお伝えしました。

続きを読む...

2019/07/04 11:34 | 未分類

2019年07月02日(火)

いっせい総合防災訓練

 29 日、「小田原市いっせい総合防災訓練」が行われました。
 小田原市では従来、地震災害を想定し夏の終わりに小学校などの大きな会場で行う展示型の「総合防災訓練」、水害に備え消防団などが集結し酒匂川河川敷で行う「水防演習」、そして数年前より市内すべての自治会連合会エリアで広域避難所開設を行う「いっせい防災訓練」の、 3 つのタイプの防災訓練を行ってきました。今年度から、それらを統合した形で、より発災時に近い想定での訓練としたものです。テーマは「水防」と「地震対応」を交互に行うものとし、今年度は「水防」をテーマとした訓練でした。

続きを読む...

2019/07/02 14:15 | 未分類

[先頭]  <<    4   5   [6]   7   8   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.