市長の日記

市長の日記

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2019年08月30日(金)

南箱道路を視察

 29 日、神奈川県が行っている県西地域での土木事業の現場視察として、南足柄と箱根を結ぶ通称「南箱道路」の工事現場を訪ねました。
 これは、神奈川県の県西土木事務所小田原土木センターの皆さんと、本市建設部とで毎年行っている、管内の各種建設現場訪問の一環。主要幹線道路整備や各種災害対策事業など、県と市が協力して様々な事業を進めており、その現場を訪ねることで事業の進捗を直接確認すると共に、両者の職員の連携や交流を深めることが目的です。今年は、来春の供用開始を目指し現在工事の真っ最中である南箱道路を、箱根側から南足柄側へと抜けながら、主要な箇所で県職員から説明を受け視察しました。

続きを読む...

2019/08/30 13:12 | 未分類

2019年08月29日(木)

横浜ビー・コルセアーズ ほか

 27 日は、スポーツ系のご来訪や催事が重なった日となりました。
 朝一番で来室されたのは、日本男子プロバスケットボールのトップリーグである「 B.LEAGUE (ビーリーグ)」の1部リーグ( B1 )に所属する、「横浜ビー・コルセアーズ」の皆さん。 10 月から開幕する 2019 ~ 20 シーズンに向けての強化合宿が、 8 月 27 日から 9 月 4 日まで小田原アリーナにて実施されるにあたり、表敬訪問を頂いたものです。

続きを読む...

2019/08/29 17:01 | 未分類

2019年08月28日(水)

県庁にて要望活動

 夏から初秋にかけては、来年度予算の概算要求などが行われる時期であり、国や県の予算編成に対し基礎自治体としての要望活動を行うタイミングでもあります。 8 月上旬には国に対し道路整備関係の要望活動を行いましたが、下旬に入ってからは神奈川県に対しての要望活動を行っています。
 まず 19 日には、小田原市として、県土整備局に対し要望活動を実施。主に、現在進められている主要幹線道路(穴部国府津線、城山多古線、小田原山北線、小田原中井線)の事業推進、県立諏訪の原公園の 2 期以降の整備への着手、国道 135 号のリスクを踏まえた「伊豆湘南道路」構想の具体化などを、浅羽副知事、上前・県土整備局長、大島・道路部長らに要望。
県西部の道路整備に対する予算は、県の東部に比して抑えられ気味でしたが、今年度は予算規模を大幅に増やして頂いており、その感謝を伝えつつ、共に事業推進に当たって頂くよう、お願いしました。副知事や局長も、県西部における道路整備の必要性を強く認識されており、しっかりと事業を進める旨、力強いコメントも頂いたところです。
 

続きを読む...

2019/08/28 11:15 | 未分類

2019年08月27日(火)

ワールドキャンプ

 19 日から 21 日まで、小田原市平和施策推進事業である「 2019 ワールドキャンプ in Odawara 」が実施されました。

続きを読む...

2019/08/27 13:18 | 未分類

2019年08月26日(月)

ときめき、モルディブ、歴史的建造物

 朝の涼しさ、夜の虫の声に、季節が移り始めたことをハッキリと感じます。庭先のアサガオはだいぶ種が結実し、ゴーヤはオレンジ色へ熟す実が増えてきました。
 お盆過ぎから、飛び石で夏休みを頂き、英気を養ってきました。来週から早速始まる市議会 9 月定例会をはじめ、敬老行事、健民祭、小田原映画祭、いよいよ本番となるラグビー W 杯、北条早雲公顕彰五百年事業、各種協議会の全国大会など、秋特有の忙しくも賑やかなシーズンに突入となります。
 少し前のことになりますが、休みを頂く前の幾つかの公務に触れておきます。
 14 日、今年度の「ときめき国際学校」に参加している市内中高生たちが、 7 月下旬から 8 月上旬にかけて訪ねたオーストラリア・ノーザンビーチ市での体験などの報告に来てくれました。ちょうど、オーストラリア女子ラグビーの選手たちが小田原でキャンプをした期間に、小田原からノーザンビーチを訪れていたことになります。旧マンリー市が隣接のピットウォーター市・ワリンガ市と合併し新たにノーザンビーチ市となって、 30 年近い歴史を刻んできたこの青年交流事業がどうなるのか心配していましたが、ノーザンビーチ市の青少年部局に担当者が置かれ、今回の受け入れは万全な体制で行っていただいたとのこと。今年参加の中高生たちも現地で頑張ってくれたようで、先方のマイケル市長もたいへん喜んでおられたそうです。来年は記念すべき 30 回目の交流事業。よい形での発展が期待されます。

続きを読む...

2019/08/26 13:17 | 未分類

2019年08月14日(水)

坂口安吾展 ほか

 13 日、明け方に少し雨が降ったものの、日中は夏空が広がる暑い一日に。

続きを読む...

2019/08/14 14:30 | 未分類

2019年08月13日(火)

伊豆湘南道路 要望活動

 7 月下旬の梅雨明け以降、酷暑が続いていますが、台風の影響などもあって今日あたりから雲や雨が拡がりそうです。台風 10 号の動きは遅く、 15 日あたりが関東に最も近づくとの予報。書き入れ時を迎える各観光地や、夏祭りなどの地域催事へ大きな影響が出ないことを祈ります。
 過日激励をさせて頂いた、相洋高校のクレイアーロン君と高島さんが、高校総体(インターハイ)で見事連覇を達成されました。心より祝福申し上げるとともに、今後の大いなる飛躍を期待します。
 9 日、「伊豆湘南道路」の実現に向けた要望活動を行いました。
 要望先は、午前中がさいたま新都心にある国土交通省・関東地方整備局、午後は霞が関の国土交通省・本省。お盆の帰省ラッシュなどにより、朝から高速道路は大渋滞の様相を呈しており、だいぶ早めに小田原を出発したものの、東名高速や首都高速での渋滞ぶりから予定時間までの到着は不可能と判断、二宮で引き返し、小田原駅から新幹線で移動しました。無事に予定時間の前に到着できましたが、車で高速道路を経由して来た他の団体は案の定渋滞に巻き込まれ、予定を大幅に遅れての到着に。この時期の車移動は要注意です。

続きを読む...

2019/08/13 14:22 | 未分類

2019年08月09日(金)

足柄 FC 、姉妹都市青年交流

 今日は長崎の原爆忌です。 2 年前に参加させて頂いた、長崎での平和首長会議や平和祈念式典のことを思い出します。小さな子どもから戦争体験をした高齢者まで、まちを挙げて準備を進めこの日を迎える長崎は、まさに隅々まで祈りに包まれており、その深さに心打たれました。ご縁が繋がり、小田原での中学生向けの平和事業に繋がっていることは、本当に良かったと思います。参加した平和祈念式典で聴かせてもらった、地元女子高校生たちによる合唱曲「千羽鶴」は、今も私の胸に刻まれており、今朝は You Tube で過去の合唱を聴き、長崎の空に思いを馳せました。
 6 日、 2 件の元気なご訪問をいただきました。

続きを読む...

2019/08/09 15:39 | 未分類

2019年08月08日(木)

花火、みなとまつり、八王子まつりなど

 酷暑となった先週末、様々な催事に参加、夏の賑わいを堪能しました。
 3 日は、大井町での「よさこいひょうたん祭り」開会式に出席した後、東富水小学校グラウンドで行われていた「東富水納涼サマーフェスタ」へ。東富水地区を挙げて行う夏祭りで、グラウンドを取り囲むように地区内の自治会や諸団体の出店ブースが並び、中央には櫓が立つ会場は、明るい夕刻から既に大にぎわい。地区内の子どもたちにくじ引き券を事前配布したこともあり、浴衣姿の子どもたちが大勢来ていました。多世代が楽しんで参加でき、交流がはずみ、売り上げは各団体の活動費に充てられる。とても良い取り組みです。

続きを読む...

2019/08/08 14:51 | 未分類

2019年08月07日(水)

国交省、環境省、水産庁、林野庁

 2 日、朝一番で市民団体の皆さんとの意見交換会に臨んだ後、東京・霞が関へ。小田原市からの派遣職員を受け入れ、もしくは小田原市に職員を派遣して頂いている省庁を訪問し、関係部局の皆さんに受け入れや派遣のお礼と、今後へのより一層の協力をお願いするべく、ご挨拶に廻りました。
 国土交通省では、本市から米山さんを派遣している国土政策局を訪問、同局の坂根局長らと懇談。併せて、かつて小田原市に都市部長として来られていた大臣官房審議官の内田さんをお訪ねし、その後小田原で進んだ各種取り組みについてご報告しました。
 環境省では、この度ご就任された鎌形事務次官をお訪ねし、 7 月より本市に管理監として福井さんを派遣頂いていることのお礼と、地域循環共生圏のモデル事業に採択されたことを踏まえた市の取り組みと意欲などについてお伝えし、今後の連携強化をお願いしました。そのほか、地球環境局の近藤局長、自然環境局の鳥居局長、大臣官房の上田審議官などを訪問。現在本市から派遣 3 年目となっている錦織さんの職場である環境計画課にも日頃のお礼に伺いました。環境省から小田原市に派遣頂いた山本さんとも再会、自然環境計画課にてご活躍の様子でした。

続きを読む...

2019/08/07 16:29 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.