尊徳祭ポスターイラスト・「二宮金次郎とわたし」作文表彰を行いました

10月16日(日)第62回尊徳祭が開催され、開会式に引き続き、ポスターイラストのお披露目、優秀作品の作文発表を行い、栁下教育長から賞状と記念品が授与されました。

尊徳祭ポスターイラストについて

城北工業高等学校 市橋先生

尊徳祭の告知ポスター等の広告物に使用するイラストについては、平成17年より毎年、神奈川県立小田原城北工業高等学校デザイン科に制作を依頼し、応募いただいています。本年度は10人から16点の応募があり、その中からデザイン科3年北村小春さんの作品が優秀作品に決定しました。
当日、北村さんは都合により欠席でしたが、顧問の市橋佑奈先生から、生徒さんの制作への取り組みについて、お話を伺いました。


「二宮金次郎とわたし」作文について

小田原市では小学校4年生の授業の一環として、郷土の偉人である二宮金次郎(尊徳)について学ぶ「尊徳学習」があります。この学習によって学んだ尊徳翁の事績や教えを振り返り、文章に表現することを通して尊徳翁への理解をさらに深めていただきたいということから、市立小学校5・6年生を対象に夏休みの課題の一つとして、「二宮金次郎とわたし~わたしが金次郎の生き方から感じたこと、考えたこと~」をテーマに作文募集を行っています。
令和4年度は9校、82名より応募いただきました。
寄せられた作品は、「積小為大」に触れた作品が最も多く、コツコツと努力を積み重ねることの大切さを、自分の勉強や習い事など実践を通して学んだり、スポーツを通して「一円融合」の大切さを知った事などが書かれていました。また、新型コロナウイルス感染症やウクライナ戦争などに、金次郎の生き方を結びつけて表現した作品も見られ、金次郎の教えから、他人を思いやる気持ちやみんなで協力する姿勢が見られ、本市の尊徳学習が子供たちに根付いていることを実感できました。(当日の発表者は氏名に★マーク。50音順で掲載しています)
表彰の様子
部長講評

全体写真

★佐藤 果音さん(東富水小学校5年生)

佐藤果音さん

「常に一歩前へ」
なぜ、「常に一歩前へ」という題名にしたかというと報徳楽校で教えてもらった言葉の中で一番心にささったからです。報徳楽校とは、二宮金次郎の教えを大事にして色々なことが体験できる場所です。
その日の報徳楽校の活動は、尊徳記念館で金次郎のことをまなび、木や枝で金次郎の人形をつくりみんなで演じるという活動でした。人形をつくるときに、ただ足をつけて立たせるだけではなく、かならず片足を一歩前に出して立たせるということを教わりました。学校やしせつにある金次郎の像も同じように片足が一歩前にでていることに気が付きました。
なぜ、金次郎は「常に一歩前」と言う考えをもったのでしょうか。私は「苦しいことがあっても前へ進めばしあわせなことがある。」という考えだと思いました。なぜそう思うかというと、金次郎が十五才のとき行灯の灯で本を読んでいると、金次郎の伯父の万兵衛は油がもったいないと厳しくしかりました。それではと、金次郎は、近所の人から手の平いっぱいの油菜の種をもらい育てると百倍にもなって実り、自分が作った油でやりたかった勉強を続けられたのでした。また、あぜ道に捨てられていた苗を拾い、荒地に植えて育てると、秋には一俵の米になって実りました。金次郎は、困なんなことに出会ったとき、あきらめるのではなく、どうしたら良いかを考え、その時に自分ができる精一杯のことをしているのだなと感じました。私が困なんなことに出会ったり、くじけそうになったとき、金次郎と同じようにくじけず、そのときに自分ができる精いっぱいのことをしようと思います。そして「一歩前へ」の気もちもいつもわすれずに持っていようと思いました。


★千早 理さん(報徳小学校5年生)

千早 理さん

「積小為大」
二宮金次郎さんの教えで大切にしたいと思ったことは「積小為大」です。なぜなら、それが一番イメージしやすくて、似たようなことわざをいくつも知っていたからです。「塵も積もれば山となる」や「雨だれ石をうがつ」です。似た意味の言葉がいくつもあるということは、それだけ色々な人が大切にしたいと思っているということかなと思いました。
金次郎さんは生まれた家を復興させるために努力をしたと学びました。その後にもたくさんの偉業がありましたが、印象にのこっているのは、家を取り戻したいと思って頑張ったという点でした。小さなことをコツコツ積み重ねるにも、何のためにやるのか、目標や目的をしっかり持つことが大切だと思いました。
僕は、自分にもそういう経験がないんだろうかと振り返ってみました。思いうかんだのは七月のエレクトーンの発表会です。どうしても弾きたい曲があり、今の自分のレベルよりもかなりむずかしい曲だったけど、思い切ってチャレンジすることを決めました。でも、苦てなところや分からないところがあって、上手にひけないから嫌になったり、前向きに頑張れなかったりした時もありました。だけど、くじけないで毎日コツコツ練習を続けたので、発表会当日は一切まちがえないで、おちついてきれいにひけました。努力をつみ重ねて成功できたと自信をもつことができました。自分で二宮金次郎さんの教え「積小為大」を感じられたできごとでした。
ほかにも色々な教えを学んでいますが、知っているだけではだめで、実さいにこうどうできることが大切だと思います。僕はもっと「積小為大」やそのほかの教えをよく理かいして、よく考えて、実行できる生活を心がけていきたいと思います。


★西山 陽大さん(報徳小学校5年生)

西山 陽大さん

「人のために」
僕は、二宮金次郎(尊徳)さんのことを、国や自分以外の人のために働いた人だと思っています。また、その働きで、自分以外の人の幸せを作った人だとも思っています。
金次郎さんの考え方はたくさんあります。その中で僕が一番いいと思う考え方は「推譲」です。この言葉は、僕が思った金次郎さんのすごいところなのです。「推譲」とは、生活などで余ったお金を貯金すること、また、自分以外の人に分け与えることです。
ここからは、僕が金次郎さんがしたことでいいと思ったことを紹介します。
一つ目は、金次郎さんが服部家を立て直した時、自分は一切お礼も受けずに、立て直した服部家の人に、立て直した時に余ったお金を分け与えていました。これについては、僕が金次郎さんがしたことで一番いいことだと思っています。
二つ目は、名主の岡部家や親類の家の仕事をし、子どもへの勉強を教えながら、自分の新しい土地の開墾を進めたことです。自分の仕事をしながら人のことにも心を配る思いやりがあふれたこの行動を見て、僕は自分もこのような人になりたいと思いました。
三つ目は、駿河国をききんから救うために、小田原城の米倉を開く説得をしたときに、自分が断食をすると言ったことです。領民を守るために自分ががまんする金次郎さんは、思いやりでいっぱいの人だと思いました。その結果、米倉は開かれ、そのおかげで駿河国だけでなく、小田原藩内の餓死をなくしました。
金次郎さんが人のためにしたことはたくさんあります。金次郎さんは、人に対しての思いやりがすごく強い人だと思います。僕も、金次郎さんのように自分以外の人を優先させる思いやりがある人になりたいです。そして、周りの人を幸せにできるようになりたいです。


森 颯祐さん(報徳小学校5年生)

「二宮金次郎とわたし」
ぼくは、金次郎さんの一番すごいなと思った所は、金次郎さんができることだけではなく、誰にでもできる事をさがす、とても誰にでも心優しい所がぼくには、金次郎さんのようにできないので一番すごい所だと思っています。
ぼくは、ならい事をやっています。それでいつもできない事などを練習する時に小さな練習をして大きな事ができるようになっていて、4年生の頃金次郎さんの事を学び1つの事に、気づきました。それは、自分のことで多くの金次郎さんの教えをやっているんだという事に気づきました。ならい事でも、「積小為大」をしているし、学校に行くときでも「笑顔であいさつ」している事も「推譲」など金次郎さんの教えを自分が、気づかないうちにやっていた事に気づきビックリしました。そして、これからも続けていく事が大切だと思います。
けど金次郎さんの教えで、まだぼくには、なかなかできない事があります。それは、「至誠」です。手伝いなどで、何か手伝ってと家族から言われた時に、めんどくさいと思ってあまりやらない時があったり、宿題をしないといけないのに、ゲームをやって、「楽がしたい」と思ったりすることがあります。どんな時でも自分ができることを、しんけんにやることが大切だと感じました。
今回金次郎さんの事を勉強して、二宮金次郎さんの事は、ようち園の頃から知っていたけどすごい人なんだなと、ビックリしたし、とても勉強になりました。
最後に、二宮金次郎さんの全ての人、全ての物には、必らず良さがあります。という報徳の教えのように、自分の良さを大切にして自分の足りない所をなおしてがんばっていきたいと思います。

★安池 恵璃紗さん(報徳小学校5年生)

安池 恵璃紗さん

「二宮金次郎とわたし」
金次郎さんの生き方から多くのことを学び、たくさんのことに感動しました。「なぜこのような辛くきびしい状況で、このような前向きな気持ちを持てて、このように行動出来て、結果を出していったのだろう?」っと思い考えさせられました。
その一つは、夜、明かりをつけて勉強していたら、「油がもったいない。」っとおじにしかられてしまい本を読むことができなくなってしまいました。でも、勉強することをあきらめたのではなく、油菜の種をまいて育て、種を取り、油屋さんであんどんの油に変えてもらい、また勉強を始めました。「出来ない。」っとあきらめるのではなく、どうしたらよいのか自分に出来ることを考えて、実行したことにとても感動しました。ただでさえ、一日中田畑仕事をして疲れているのに、夜は本を読んで勉強したなんて、私には出来ないと思いました。自分自身に負けない強さと、行動力は、本当にすごいなぁっと思います。
金次郎さんの教えの一つである「積小為大」の言葉を頭に入れて、まず自分に出来る事を考え、目標を達成できるようにこつこつ努力をしていきたいと思います。そして、困なんにぶつかった時、「無理だ。出来ない。」っとすぐに投げ出してあきらめてしまうのではなく、少しずつでも前に進められるように考えて、行動していきたいと思います。
 私はかんごしになりたいというゆめがあります。病気の人や精神的に困っている人達の話を聞いたり、はげましたりして助けてあげたいと思っています。人のためになることをして、よろこんでもらえるような仕事が出来るように、「至誠」をもってとり組み、ゆめに向かって努力していこうと思います。


★山田 咲希さん(報徳小学校5年生)

山田 咲希さん

私のピラミッド
小学四年生の時、二宮金次郎さんについて学習しました。
金次郎さんの教えから共感したことの中で、「小さな事でも積み上げていけば大きくなる。」というのがあります。私はそれがまるでピラミッドを作り上げるみたいだと思いました。ピラミッドを作るには現代でも五年以上はかかるそうです。作り上げるのがそんなにも大変なピラミッドを二日や三日で終わらせてしまったらピラミッドはできません。毎日毎日辛抱強く続けていったからこそ、大きく立派なピラミッドを作り上げる事ができるのだと思います。私のピラミッドを完成させるには、金次郎さんのようにコツコツ続けることが大切だと気付きました。
私は勉強が苦手です。でも七年間も続けているダンスは大好きです。ダンスが好きだから毎日毎日練習します。
最初は全然できなかったダンスも今は上手になりました。ダンスが上手になったように勉強もコツコツ頑張ればできるようになると思います。
私の夢は獣医さんになることです。犬も猫も昆虫だって大好きです。獣医さんは私の大好きな動物たちの病気や命を救ってあげられる素敵な職業です。
でも獣医さんには、ただ動物が好きなだけではなれません。獣医さんになるには私の苦手な勉強を頑張る必要があります。「私にはなれない」とあきらめるのではなく、一生懸命勉強を頑張っていきたいです。「積小為大」つまり「小さな事でもコツコツ積み上げて行くと大きくなる」この金次郎さんの教えを大切にしたいです。私のピラミッドはまだ途中です。コツコツ積み上げて立派なピラミッドを作り、強く優しい獣医さんになります。
 


最終更新日:2022年10月31日



この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 尊徳記念館係

電話番号:0465-36-2381


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.