よくある質問

 

 

質問と回答の一覧  市県民税の納付

質問 回答概要 担当課
会社の年末調整時に住宅ローン控除の申告書を提出し、所得税が戻ってきました。住民税はどうなりますか。 住民税の住宅ローン控除は還付ではなく、翌年度の住民税(年額)を算定する過程で、税額控除として住民税所得割から控除します。 総務部:市民税課
退職前は市県民税が給与から差し引きでしたが、転職後は納付書が送られてきました。どうしてですか。 会社を退職すると個人納付(普通徴収)に切り替わりますので、市から送付された納付書で市県民税を納めてください。 なお、新しい会社で給与から差し引きをしたい場合は、お勤めの会社の経理担当者にご相談ください。 総務部:市民税課
市県民税の納め方について教えてください。 市県民税の納付方法には次のものがあります。 ・給与からの差し引き(特別徴収) ・年金からの差し引き(特別徴収) ・自分で納付書で納める(普通徴収) 総務部:市民税課
昨年入院して医療費がかかりましたが、税金の控除はできますか。 はい。 所得税や市県民税には「医療費控除」というものがあります。1年間でおおむね10万円(保険などで補てんされた額を除く)を超えた場合に、この控除を申告することができます。 総務部:市民税課
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.