小田原市

観光スポット

長興山紹太寺

江戸時代の初期(寛永、寛文、万治の頃)小田原藩主であった稲葉一族の菩提寺で、宇治万福寺から招かれた鉄牛和尚が開山しました。
 寛永9年(1632)、将軍家光は、自らの政権をより強固なものとするため、側近であった幕府老中職の稲葉丹後守正勝を関東支配の鍵となる小田原城主としました。稲葉正勝の母は、将軍家光の乳母をつとめた春日局です。
 しかし、正勝は、入封2年後の寛永11年正月に38歳で急死してしまいました。家督を相続したのは若干12歳の正則でした。本来であれば、お取りつぶしになりかねませんでしたが、正則が春日局の孫であったことから相続が許されました。
 正則は、寛文9年(1669)、当時城下の山角町(南町)にあった菩提寺を入生田に移転拡大し、長興山紹太寺と名付け、父母と春日局の霊を弔いました。往時は七堂伽藍の整った大寺院で、黄檗宗独特の広大な庭園をもち、その美しさは旅人の足をとどめずにはいられなかったと伝えらています。
 しかし、幕末の火災によって建物が焼失し、現在では子院の清雲院が紹太寺の寺号を継いでいます。山内は360段の石段を登り、数十町歩におよぶうっそうと生い茂った樹々、清流がしぶきをあげて流れる様や蜜柑畑の中に残された当時庭石として据えられていたと思われる苔むした巨石などが、かつての紹太寺の名残を今に伝えています。

交通

箱根登山線入生田駅から徒歩10分
(しだれ桜までは入生田駅から徒歩20分)

詳しいお問い合わせ

長興山紹太寺      TEL:0465-22-7760
小田原市文化財課   TEL:0465-33-1717
小田原市観光課    TEL:0465-33-1521

長興山紹太寺には
有名な「しだれ桜」があります。
「花の名所」ページで紹介しています。

長興山紹太寺

最終更新日:2016年04月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.