決算報告書について

小田原市水道事業は、小田原市の一般会計とは別に、地方公営企業として別の会計を設けて事業を行っています。
事業に係る経費は、原則として、経営に伴う収入をもって、充てることとされており、経営の合理化や料金水準の適正化などによる独立採算の原則に基づく経営をしています。

各年度の決算報告書その他財務諸表

令和3年度は、本市水道施設の基幹施設である高田浄水場の耐震化の早期実現、将来の水需要に対応した施設規模の適正化、長期的に見た整備費の抑制及び維持管理費の削減を図るための高田浄水場再整備事業において、事業の優先交渉権者を決定しました。また、基幹管路の耐震化事業では、久野送水管(成田地内)改良事業及び国府津配水管更新事業が完了したほか、市内一円の配水管網整備を進めています。
また、災害対応の強化及び窓口一元化による市民サービス向上を図るため、下水道事業と組織を統合し、上下水道局を発足させました。

令和3年度決算報告書  PDF形式 :2.7MB


令和2年度は、おだわら水道ビジョンに基づき第五期拡張事業を推進し、高田浄水場脱水機施設築造事業が完了いたしました。さらに、基幹管路の耐震化事業では、飯泉配水管更新事業が完了したほか、久野送水管(成田地内)改良事業及び国府津配水管更新事業に着手するなど、市内一円の配水管網整備を進めています。
経営面では、基幹管路の耐震化事業について、県の生活基盤施設耐震化等交付金を引き続き活用し財源の確保に努めたほか、給水車を売却し水道事業保有資産の適正化を図りました。

令和2年度決算報告書  PDF形式 :1.4MB


令和元年度は、おだわら水道ビジョンに基づき第五期拡張事業を推進し、中河原1号配水池耐震補強事業、久野送水管(成田地内)改良事業及び中河原配水池緊急遮断弁更新事業が完了いたしました。さらに、基幹管路の耐震化事業では、中里配水管更新事業が完了したほか、飯泉配水管更新事業に着手するなど、市内一円の配水管網整備を進めています。
経営面では、基幹管路の耐震化事業について、県の生活基盤施設耐震化等交付金を引き続き活用し財源の確保に努めたほか、遊休地を売却し水道事業保有資産の適正化を図りました。

令和元年度決算報告書  PDF形式 :1.4MB


最終更新日:2022年10月18日



この情報に関するお問い合わせ先

上下水道局:経営総務課(小田原市高田401)

電話番号:0465-41-1202


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.