森のせんせい養成講座【第2期生募集】満員御礼(募集を締め切らせていただきます。)

R2森のせんせいチラシ表

市民を対象に森林・林業に関する知識を備え「森林の魅力」を伝える、
「森のせんせい」を養成します。

養成後は市内小学校の森林環境学習や、市内の森林イベント等の様々な活動に派遣し、
市民や児童への森林・林業に関する普及啓発活動や市民参加による森林づくりを
推進することを目的として活動します。

講座はリニューアルオープンした小田原市いこいの森を中心に実施します。
受講生は「おだわら森のせんせい」として認定します!!


チラシ裏

応募概要

ツアー7

森林に関する知識や経験がなくても問題ありません!
「伝わる技術」を中心に体験型の講座です。自然が好きで子供が好き!森の中で癒されたいと感じる方。

小田原の森でリフレッシュしながら楽しく学んでみませんか?


養成後の活動事例

森林教室風景

【森の役割と大切さを伝える森林教室】
森林の社会的役割、必要性について学習し、日ごろの生活で木を使うことにより森林整備が促進され、結果として自分たちにも森林を守る手助けができるということを学びます。実際に小学校にて授業を行います。


 

かまぼこ積み木とひのき玉プール

【かまぼこ積み木とひのき玉プール】
小田原市ダイナシティで開かれたイベント風景
幼児を対象としたイベントスペースで、小田原産木材で作った遊具で木に親しんでもらいます。
毎回多くの親子連れで賑わいます。


募集要項
講義回数 全5回講義 
午前10時~午後4時まで うち一時間休憩
※全講座出席でない場合でも参加できます。気楽にご相談ください。
※第1回講座は10月から月1回程度
場所 小田原市役所、小田原市いこいの森ほか
対象 満18歳以上の方(市内外在住は問いません)
受講料 無料
定員 約20名
申込み締め切り 令和2年10月20日(火)
【講義内容】全講座に出席できない場合でもご参加いただけます 別途ご相談ください
日時 会場 講義内容
1 10月25日(日) 市役所 【ガイダンス・アイスブレイク】
講座の概要説明および受講者同士と講師の打ち解け合いを行います。

【指導者としての心構えと小田原の林業振興について】
「森のせんせい」にとって必要な、子供との関係性や心構えについて考え、小田原市の林業振興と、実際に「森のせんせい」養成後はどのような活動をするのか学びます。
2 11月7日(土) いこいの森 【伝わる技術の体験と講義】
実際にネイチャーガイドによる森林環境教育プログラムを体験します。
また、教育プログラムで体験した「伝える技術」についての講義と受講生同士のディスカッションを行います。
3 11月28日(土) いこいの森 【安全管理と授業の流れや構成について】
野外活動での安全管理の基礎を身に付けます。
また、小学校での授業の流れや構成を学びます。
4 12月20日(日) いこいの森 【プログラム作成】
過去3回で学んだ技術や考え方を盛り込んで、オリジナルの「森のせんせい」教育プログラムを作成します。
5 1月10日(日) いこいの森 【実践とふりかえり】
前回作成したプログラムを受講生同士でフィードバックをして、講義のふりかえりをします。

応募申込みはこちらから

下記リンクをクリックし、申込フォームに必要事項を記入の上、お申込み下さい。
お申込後、5営業日以内に担当者からメール、もしくはお電話にて確認のご連絡をさせていただき、その連絡をもって申込受付完了となります。

申込フォームに入力ができない場合や5営業日を過ぎても連絡がない場合は、ページ下部にございます小田原市農政課までご連絡ください。
小田原市農政課 農林業振係 
TEL :(0465)-33-1491
FAX :(0465)-33-1286
MAIL  :forest@city.odawara.kanagawa.jp

最終更新日:2020年10月20日


この情報に関するお問い合わせ先

経済部:農政課 農林業振興係

電話番号:0465-33-1494


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.