選手たちに届け! 小田原風鈴の音色

本市で行われる予定であった、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の事前キャンプは、新型コロナウィルス感染症の世界的流行により大部分が中止となってしまいました。
そこで、公民連携組織である「小田原市ラグビー・オリパラ活性化委員会」では、ホストタウンとなっている国々の選手たちを小田原から応援するため、本市の伝統的な工芸品である小田原鋳物の風鈴と、その短冊に応援メッセージを添えて選手団に贈ります。
応援メッセージは、活性化委員会のメンバーや、オーストラリアとの学校交流を行っている鴨宮中学校の生徒たちが、思い思いに気持ちを伝えるものとなっています。

【ホストタウンとなっている国】
オーストラリア連邦、モルディブ共和国、ブータン王国、エリトリア国、ミャンマー連邦共和国

【その他】
◇作成した応援短冊付きの小田原風鈴は来日した選手たちにプレゼントしますが、動画を作成して小田原市公式YouTubeに公開し、その音色を視聴できるようにします。
◇鴨宮中学校の生徒さんの応援動画メッセージも、併せて選手たちに贈ります。

◆小田原風鈴
室町時代からの伝統を受け継ぐ鋳物工房による真鍮製の手作り風鈴です。軽やかで凛とした音の響きで、余韻が長く残るのが特徴です。

ホストタウンの選手たちに贈った小田原風鈴

鴨宮中学校生徒たちからホストタウンに向けた応援メッセージ


◆小田原市ラグビー・オリパラ活性化委員会
ラグビーワールドカップ2019の開催を契機に、スポーツ振興や地域活性化を検討する官民連携組織「小田原市ラグビー準備委員会」が平成28(2016)年4月に設立されました。ラグビーワールドカップ出場国の事前キャンプ招致状況に応じて「小田原市ラグビー誘致委員会」に名称を変更(平成30(2018)年4月)した後、東京2020オリンピック・パラリンピックに関する取組を加え、誘致委員会を発展的に解消し、平成31(2019)年4月、新たに設立されたのが「小田原市ラグビー・オリパラ活性化委員会」です。
構成員は、小田原市体育協会、小田原箱根商工会議所、小田原市観光協会など、スポーツ振興や経済活性化に関わる団体や企業、自治体など46団体におよびます。
 

最終更新日:2021年07月16日



この情報に関するお問い合わせ先

企画部:企画政策課 オリンピック・パラリンピック推進係

電話番号:0465-33-1408


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.