小田原市ゆかりのアスリート クレイ・アーロン竜波選手(陸上競技)

 藤沢市出身で、学校法人明徳学園・相洋高等学校を卒業したクレイ・アーロン竜波選手を紹介します。
 彼は、2019年6月に開催された陸上日本選手権男子800mで日本高校新記録となる1分46秒59をマークし、日本初の高校生チャンピオンという快挙を達成しました。
 全国高校総体では、2018年に高校2年生で男子800mに優勝し、2019年の大会でも大雨の悪条件の中、連覇を成し遂げた日本陸上中距離界のホープです。
 2020年の3月に高校を卒業され、アメリカのテキサスA&M大学へ進学し、自分の可能性に挑戦しています。
 進化を続けるクレイ・アーロン竜波選手から目を離すことができません。
クレイ

クレイ・アーロン竜波選手のプロフィール

生年月日 2002年3月25日
出身校 学校法人明徳学園 相洋高等学校
現在 テキサスA&M大学

ベスト記録

800m 1分46秒59(日本高校記録)(2019年6月)

主な世界大会実績

2019年 アジアユース選手権(香港) 800m 優勝
2019年 世界リレー(横浜) 2×2×400mリレー 3位

その他主な実績

2017年 全国高校総体 800m 2位
2017年 国民体育大会 少年男子共通 800m 優勝
2018年 全国高校総体 800m 優勝
2018年 国民体育大会 少年男子共通 800m 優勝
2019年 木南記念競技会 800m 優勝
2019年 日本選手権 800m 優勝
2019年 全国高校総体 800m
       4×400mリレー
優勝
3位

インタビュー(2019年12月)

アーロン

小さい時から「とにかく走ることが好きだった」というクレイ・アーロン竜波選手は、絵にかいたような好青年です。
小学校時代は、地元の藤沢市でライフセービング競技に夢中になっていたそうで、陸上は中学生になってから始め、現在まで、大きなスランプもなく順調に記録を伸ばしており、普段の練習では「日々の目標を定め、目の前の目標をクリアできるよう努めている」とのこと。
高校卒業後に進学するテキサスA&M大学を進学先に選んだ理由を尋ねたところ、「テキサスA&M大学は中距離に強く、2019年の世界陸上で金メダルを獲得したドノバン・ブレイザー選手も在学(現在休学中)している。このような環境に飛び込むことで自分が成長できると思い選んだ」と語ってくれました。
オリンピック出場については、「まずは、今できることを精一杯取り組むだけ。その結果として、オリンピック出場を狙えるのであれば狙っていきたい」と意欲を見せてくれています。
オリンピックの参加標準記録まであと1秒39。記録を伸ばすために努力を惜しまない彼ならば、参加標準記録の突破も決して夢物語ではないと思います。
世界に羽ばたくクレイ・アーロン竜波選手を皆さんも応援してください。


最終更新日:2021年10月01日



この情報に関するお問い合わせ先

企画部:企画政策課

電話番号:0465-33-1253


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.