小田原市EVを活用した地域エネルギーマネジメントモデル事業に係る協定の締結

~株式会社REXEV・湘南電力株式会社と事業協定を締結~

 令和元年(2019年)10月18日(金)、小田原市は「小田原市EVを活用した地域エネルギーマネジメントモデル事業」に関して、株式会社REXEV、湘南電力株式会社と協定を締結し、小田原市役所において調印式を実施しました。

調印式の様子

協定書持 写真

(左から)湘南電力(株) 原社長、(株)REXEV 渡部社長、小田原市 加藤市長  
 
 調印式では、関係者及び複数のメディア関係者にご参加いただく中、3者の代表者による調印が行われたほか、本取組の紹介や期待の表明が行われました。

 なお、本協定は事業を推進するため、3者の取り組み内容を次のとおり定めています。

小田原市

・フィールドの提供
・事業成果の効果的な発信
・事業進捗に係る連絡会議を開催

株式会社REXEV

・EV等の導入及びカーシェアリングの実施
・EVを活用した地域エネルギーマネジメントの実施
・地産再エネの積極的な活用
・事業成果の発信に協力

湘南電力株式会社

・EVシェアリング事業への再生可能エネルギー電力メニューの提供
・地産再エネの積極的な調達
・事業成果の発信に協力

調印式での3者のコメント

小田原市 加藤市長

加藤市長

 本事業は、市がこれまで推進してきた地域エネルギーマネジメントを、「動く蓄電池」を活用することによって官民連携による再生可能エネルギーの利用の促進を新たな段階へ進め、持続可能な地域社会構築への重要な一歩になると認識している。
 また、先に選定いただいたSDGs未来都市・小田原を象徴する取組としても重要な意義を持つものである。
 本市としては、事業の進捗の共有、発信に留まらず、市内外からの新たな知見の獲得や先進技術との連携、さらなる分野横断的な取組の創出を図っていきたい。

加藤市長 挨拶全文  PDF形式 :228.2KB


株式会社REXEV 渡部社長

渡部社長

 本事業は環境省が掲げる「地域循環共生圏」を構築するという大きな目標を持った事業になっている。
 EVを活用して新たな地域交通システムを構築し、そのEVには地産型の再生可能エネルギーを積極的に活用していく。このEVのバッテリーをエネルギーマネジメントや災害時の非常用電源として活用することによって、地域が抱える課題解決や脱炭素社会の構築、防災という観点からも付加価値が高い取組になると考えている。
 小田原のエネルギーマネジメントモデルをしっかりと創り、全国さらには世界まで取組を展開していきたいと思っている。

渡部社長 挨拶全文  PDF形式 :144.6KB


湘南電力株式会社 原社長

原社長

 湘南電力は創立以来、再生可能エネルギーの地産地消、地域内経済循環を掲げて活動をしている。現在、多くの市民の方にこの志に賛同いただき、ご愛顧いただいている。
 今回の取組に関しては、EVへの電力供給を私どもの再生可能エネルギーによる電気を活用することにより、脱炭素社会の構築に取り組んでいく。
 また、新電力・小売り事業としてEVの利用を促進するような多様なメニューを創出すること、さらには次世代に向けた分散型エネルギーの構築という部分での大きなステップになると思っている。防災対策も含めたさらなる地域エネルギーマネジメントの構造を創ってまいりたい。

原社長 挨拶文  PDF形式 :127KB



最終更新日:2020年09月09日



この情報に関するお問い合わせ先

環境部:エネルギー政策推進課

電話番号:0465-33-1424


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.