胃がん内視鏡検診

胃内視鏡検診は、経口(経鼻)で管を挿入して胃粘膜を直接観察することで、初期の胃がんを発見できます。

対象

・50歳から68歳の偶数歳になるかた
 

受けることができないかた

  1. 胃の疾患で治療を受けているかた
  2. 胃全摘出術後のかた
  3. 咽頭・鼻腔などに重篤な疾患があり、内視鏡の挿入ができないかた
  4. 重篤な循環器疾患のあるかた
  5. 全身状態が悪く、胃内視鏡検査に耐えられないと判断されるかた

受診期間

令和2年7月1日(水)から令和3年3月31日(水)まで

※なお、日本消化器学会より、令和2年4月9日「新型コロナ感染症拡大に鑑み、
 緊急性のある場合以外の内視鏡検査を延期する旨の勧告」が出ました。
 このことを受けて、内視鏡検診の開始は当分の間見合わせることといたしました。(開始時期は未定)
 内視鏡検診開始については、あらためてホームページ等でお知らせいたします。
 内視鏡検診開始までに、胃がん検診をご希望の場合は、胃がんバリウム集団検診をご案内いたします。

受診方法

令和2年7月1日以降、取り扱い医療機関でご受診ください。
受診する医療機関を決めて、事前に電話で、検診が受けられる日時や予約の有無を必ず確認してください。

令和2年度版健康カレンダー_10~11ページ .pdf  PDF形式 :538KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


検査内容

  1. 問診
  2. 胃部内視鏡検査

持ち物

  1. がん検診の受診券
  2. 健康保険証
  3. 自己負担金:5,000円
  • 受診券は6月末に送付します。お手元に届かない場合は、健康づくり課(保健センター内)までお問い合わせください。
  • 受診券を紛失された場合は、再発行をしますので、健康づくり課(保健センター内)までお問い合わせください。

自己負担の免除について

次のかたは、自己負担が免除になります。手続きが必要になりますので、次によりご連絡ください。

自己負担免除者

手続き方法

市民税非課税世帯のかた

受診日の2週間前までに健康づくり課(保健センター内)へご連絡ください。

生活保護利用世帯のかた

受診日の2週間前までに生活支援課の担当ケースワーカーへご連絡ください。

65歳~69歳のかたで一定の障がいがあり、後期高齢者医療被保険者証をお持ちのかた

後期高齢者医療被保険者証で確認しますので、検診会場へお持ちください。

胃内視鏡検診に関するお問い合わせ先:0465-47-4724(健康づくり課 成人保健係)

最終更新日:2020年08月07日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター) 成人保健係

電話番号:0465-47-4723


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.