女性に対する暴力をなくす運動【毎年11月12日から25日】

毎年11月12日から25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。
※11月25日は、「女性に対する暴力撤廃国際日」です。

女性に対する暴力をなくす運動のシンボルマーク

夫やパートナーからの暴力、性犯罪、売買春、セクシュアル・ハラスメント、ストーカー行為等女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものです。

このことは、男女共同参画社会を形成していく上で重要な課題です。

暴力は、性別や加害者、被害者の間柄を問わず、決して許されるものではありませんが、暴力の現状や男女の置かれている社会構造の実態を考えあわせると、特に女性に対する暴力の根絶に取り組む必要があります。

パープルライトアップ

~小田原城天守閣が紫に染まりました!~
令和3年11月12日(金)19:30~20:30

小田原城天守閣

2021年11月12日
小田原のシンボルである小田原城天守閣が紫色にライトアップされました。
 


パープルリボンプロジェクト

 

パープルリボンプロジェクトは、女性への暴力根絶を願い、紫色の
リボンをつけるキャンペーンです。
リボンは市役所ロビー、人権・男女共同参画課、市民交流センターUMECO、マロニエ、いずみ、こゆるぎでお配りしました。
紫色のリボンであればどんなものでもプロジェクトに参加できます。

紫のリボンで輪を作り安全ピンで胸などにつけられるようになっているもの

パープルリボン


DV防止啓発パネル展を開催しました!

開催期間:11月9日(火)~11月25日(木)  場所:おだわら市民交流センターUMECO

今年の取り組みの重点は
(1) 「女性に対する暴力根絶のためのシンボルマーク」や「パープルリボンバッジ」を積極的に活用し、配偶者等からの暴力、性犯罪・性暴力、ストーカー行為、売買 春、人身取引、セクシュアルハラスメント等は女性に対する暴力であり、決して許されないものであるとの社会認識を更に深めます。

(2) 暴力の「未然防止」や「拡大防止」に向けた意識を高め、暴力の被害に遭っていながらその自覚がない人に被害を受けていることを認識してもらい、被害者やその関係者が、相談窓口等にためらうことなく相談できるようにします。

展示の様子

DV展示1

DV防止啓発のシンボルカラーの紫色のリボンがいっぱいの「パープルリボンツリー」は会場でもひときわ目を引きます。

展示2
展示の様子

展示会場入り口には、かわいいチェック柄のバナーが、お出迎えします。

展示3
展示の様子

「デートDV」への理解を深めるための展示です。


フォトブース







フォトプロップスを持って撮影できるコーナーも。
ハッシュタグをつけて発信しました!


(令和元年度)
小田原のキャラクターたちも、パープルリボンプロジェクトに参加してくれました!!

梅丸×パープルリボン

梅丸×パープルリボン

梅丸

梅丸×パープルリボン

えっさほいファミリー×パープルリボン

えっさほいファミリー×パープルリボン

ニッキー

小田原市錦通り商店街営業部長ニッキー×パープルリボン


様々な情報や相談窓口のご案内はこちらから

最終更新日:2021年11月25日



この情報に関するお問い合わせ先

市民部:人権・男女共同参画課 人権・男女共同参画係

電話番号:0465-33-1725


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.