レポーターブログバナー
2016年11月24日(木)

五感を刺激!!軽トラ市

小田原のまちなかって、とっても面白い!
今日はその一つ。銀座通り南街区を舞台とする、『小田原まちなか軽トラ市』についてご紹介します。

『小田原まちなか軽トラ市』は、「地産地消」をモットーに小田原・足柄地区の生産物・加工品を中心に扱うお店が、軽トラの荷台に商品を積み込んで大集合!
年に3回、銀座通り南街区を歩行者天国にして、開催しているイベントです。
今回は、11月27日(日)10時~13時半開催です。
 

私は、美味しいパンや、ホタテとイカのおつまみカップを片手に、屋外でイッパイ飲むのが好きです。

また、新鮮で美味しい野菜が手に入ります。珍しい野菜に出会い、食べ方がわからないこともしばしば。でも、農家さん直々に美味しい調理方法を教えてもらい、自宅で新たな料理に挑戦するのも楽しいですし、あるいは、素材力でいつもの野菜炒めや味噌汁が美味しくできたりすると、ちょっと得した気分になります。

買い物のほか、楽しい企画も充実!毎回恒例、小田原総合ビジネス高校ブラスバンド部の演奏で、わくわく感が一気に高まります。

今回は、ベンジャミンさんのバルーンアート、バケツドラマーのMASAさんの演奏、ポン菓子職人久保さんのポン菓子実演、工学院大学生を中心とする小田原Laboratory.の空間デザイン、また、おだわらコドモアート「どうぶつのおめんをつくろう」のワークショップもあります。わくわくしっぱなしの3時間半間違いなしです。

この取組、平井書店の駐車場で4組の方々が、朝市を開催するところから始まりました。

毎月第2・第4日曜日、7時半~9時半のまちなか朝市は、活動を継続して7年目になります。今では毎回10組を超える出店があります。近所の方を中心に、野菜、お米、豆腐、干物等の日々の食卓が豊かになるようなお買い物や、美味しいパンやコーヒーをいただきながらのお話を楽しんでいるようです。

 

主催者であるまちなか市場実行委員会は、まちなかに楽しい買い物の場を生み出したい。そして、新しく商売を始める人がテストマーケティングしたり、商店街の空き店舗に入居を検討してもらうきっかけにもなれば・・・との思いで活動しています。

また、高校生から若手社会人のチーム☆エンジンも、その活動を支えています。

 

 最近、銀座通り南街区の空き店舗に、前々からまちなか朝市・軽トラ市に出店されている人気のパン屋さんが、Bread&EnglishPubDesture を開店しました。パンとビールやワインが目玉商品です。マスターとのトークも楽しみの一つ。そこでは、ある時は本格的なLIVEを、ある時は靴磨きとチェロ演奏を、ある時は沖縄、ある時は英国をテーマにしたドリンク・フードの持ち込み企画が開催されており、何度も通ってしまいます。

また、お母さんのための漫画ルーム「saMa-saMa」 や、ボディケアサロン、「グランブルー」など、新たな店舗が増えた銀座通り商店街南街区のこれからが、ますます楽しみです。

(おさかな 記)

 

小田原まちなか市場 公式ブログ http://www.midori1st.com/blog.html

小田原まちなか市場についての取材・お問い合せは平井書店 0465-22-5370 まで

2016/11/24 13:24 | なりわい


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.