レポーターブログバナー
2019年11月27日(水)

第18回フォトクラブ画像館写真展が開催

会場の様子(写真1)会場の様子(写真1) 暦の上で秋から冬に変わったこの時期、自然が醸し出す草花、木々、風景が素晴らしい景色となるこの時を捉えてフォトクラブ画像館写真展が開催されました。この写真展を観賞する機会を得たので、レポートします。

フォトクラブ画像館写真展の概要
名  称 令和元年度第18回フォトクラブ画像館写真展
テ ー マ 「季節の彩り」
会  期 令和元年11月20日(水)~11月25日(月)
会  場 小田原銀座通 アオキ画廊2F (電話 0465-23-5624)
事  務 局 フォトクラブ画像館(フォトパーク画像館南鴨宮店内 電話 0465-46-8170)
出  展 者 フォトクラブ画像館講師・会員17名 作品32点
撮影場所 県内・近県・中部地方・東北地方など各地の写真撮影スポット

会場の様子(写真2)会場の様子(写真2)写真展を観賞しての感想
○プロ写真家や専属講師などの指導に基づき定めたテーマ「季節の彩り」の下で、各々がテーマを理解し、その写真技術に裏打ちされた作品として展示されています。
○写真展は18回を迎え、技術向上に努めた結果を取り纏めたものと言えるでしょう。
○撮り纏めた写真のプリントも写真の対象に合わせた印刷方法が採られ、写真がよりよく表現されているように感じました。
○展示はすべて大型(全紙、半切)で見ごたえのある展示となっており、総じて力作揃いと言うことが伺えます。写真1及び2参照
○撮影場所も県内・近県・中部地方・東北地方など様々な場所となっており、会員の皆さんの熱意を感じました。

展示写真の一例(写真3)展示写真の一例(写真3)テーマ「季節の彩り」を踏まえ見事な仕上がり
 テーマ「季節の彩り」、春は若葉、夏は太陽の輝き、秋は紅葉そして冬は雪として、想い描いたイメージ作りのために各地に出掛け、写真作りを行った結果が、このフォトクラブ画像館写真展で、各人2枚の作品を取り纏められました。
 全32作品は、写真用印画紙を用いて仕上げたものもありますが、大型プリンターによるイメージ作りを行ったものもあり、独特な印象を得る作品となっていました。その中から写真3及び4の2点を紹介します。
 写真3は黄葉のコントラストが凹凸感とも見なされる表現となっており、写真4は著名画家の油絵と見られるようなしっとりとした仕上がり感を醸し出していました。

展示写真の一例(写真4)展示写真の一例(写真4) この第18回フォトクラブ画像館写真展は、会期が終わってしまいましたが、またの機会にこのクラブの作品を鑑賞されてみてはいかがでしょうか。

2019/11/27 11:34 | 美術


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.