レポーターブログバナー
2014年10月03日(金)

これはなんなんですか展

8/29から8/31にコワーキングスペース旧三福にて美大生グループ「あいねず」による初のグループ展「これはなんなんですか展」が開催された。あいねずメンバーによるイラスト、写真、映像、オブジェ、アクセサリーなどの展示や販売が行われ、普段は簡素なイメージの旧三福の部屋の中が展示作品によって飾られ、華々しいカオスで不思議な空間へと変貌。「かわいい」から「わけわからんけど何か心に引っかかる」作品が揃った。

■作品紹介■

なのこ(リーダー):写真の連作。身近な学校や家の近くを撮った直接のつながりのない写真の中から、”リズムを”感じるものを選んで”、”つながってそうだな”と感じたものを連作にしたとのこと。街中のスナップやオブジェ、植物からなる。

しゅく:コラージュとイラストシール等。飼い猫の写真等をコラージュにした作品。飼い猫はオスだそうだが”Cat is like a queen at home”とメッセージが・・・。

 また、ハガキやしおりにしたコラージュ作品や自作のかわいらしいイラストをシールにしたものも販売。”どこにでも気軽に貼ってほしい

”とのこと。

岩本:イラストの展示。コミック調の不思議なイラストを展示。”みたまんま”感じてほしいとのこと。

オバケネコ:自作のフィギュアの展示。”高校の時に調子の悪くなったパソコンの話をしていたら人間の話をしているみたいになったので擬人化してみた”という市販のフィギュアを改造した作品。三角定規の少女はフルスクラッチで0から作成された作品。将来はゲームなどのデザインをやりたいとのこと。

しらかい:アクセサリーの展示、販売。ビーズや天然石などの身近な材料を使ったイヤリングやネックレス等。”金属アレルギーの人でもつかえるやさしい素材で作成したい”とのこと。今後ははピアスなども金属アレルギーの人も安心している人も使ってもらえるような素材で作りたいとのこと。かわいらしいダルマストラップも、かわいかったので1匹(?)頂きました。

よこくぼ:部屋いっぱいを使ったオブジェクト作品。部屋中に張り巡らされた床に置かれた牛乳瓶からあふれ出す赤と黄色は”しがらみ”、”固定概念”を表す。巻き付けられたフィルムは記憶を象徴し、”しがらみ”、”固定概念”にからんでいる。白いマネキン=”彼”にも”しがらみ”、”固定概念”にからんでおり、横には中心が真黒な絵が置かれている。毎日ちょっとづつ変わる不思議な作品。

 

また、小田原を舞台に4つの不思議なちょっとづつつながったストーリーからなる映像作品”き・障・てん、・欠”も公開、”役者以外は全部自分で”作成したとのこと。25分の大作。

 

  ■あいねずって何者?■

”なのこ:しゅく:岩本:オバケネコ:しらかい:よこくぼ、の6人からなる創作団体”
 
現在は別々の美術大学等に在籍している小田原の美大予備校に通っていたメンバー6人によるグループ。一人も小田原に住んでいないのに小田原に集まったという不思議なグループ。
グループ名は色の名前の中から"響きのいいもの"・”ノリで”で選んだとのこと。
 
”今回のグループ展が成功したら、来年も開催したい”と抱負を述べてくれた。

■これはなんなんですか?■
 
展示会名の由来については、6人別々のやりたいことがあり、まとめてみたらごちゃごちゃになってしまった。纏めることなんてできないので、いっそのこと「これはなんなんですか?」と見た人に思ってほしいとのこと。
(山口哲郎 記)

あいねず公式ツイッター

https://twitter.com/Aines_group10

 

旧三福HP

http://93puku.jp/


 

2014/10/03 11:46 | 美術


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.