市長の日記

市長の日記

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2019年02月15日(金)

街かど博物館が総務大臣表彰

 13日、「街かど博物館館長連絡協議会」の皆さんが来室。「平成30年度ふるさとづくり大賞団体表彰(総務大臣表彰)」を受賞されたご報告を頂きました。
 小田原市では、蒲鉾・干物・木工など、城下町・宿場町である小田原で栄えた地場産品を取り扱う老舗を「街かど博物館」として認定、店主による説明や店内の一画を利用したパネル展示、製作体験などを実施することなどにより、地場産業の魅力を発信してきました。現在20館ある街かど博物館は、小田原でも最近人気となっている「まち歩き観光」における目的地および拠点の役割も果たしており、小田原ならではの観光による地域経済の活性化という面でもたいへん貴重な存在となっています。
 「ふるさとづくり大賞」は、全国各地で「ふるさと」をより良くしようと頑張る団体・個人を表彰することで、ふるさとづくりへの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的として実施されている制度。今年は、全国で24団体・4個人が表彰され、「街かど博物館」は県内から唯一の表彰となりました。

続きを読む...

2019/02/15 11:38 | 未分類

2019年02月13日(水)

流鏑馬、梅、藍坊主(あおぼうず)

  先週末は、9日と11日に雪の予報がでるほど、寒い三連休。そんな中でも、建国記念の日の11日は市内で様々な催しがあり、各所に足を運ばせて頂きました。
  下曽我で開かれている梅まつりの会場では、今年で33回目となる「流鏑馬」。曽我物語の主人公である五郎・十郎兄弟の義父にあたる「曽我太郎祐信」が弓馬の達人であった故事にちなみ、物語の舞台である曽我の地で始められた流鏑馬は、毎回「武田流一門」の皆さんによる本格的かつ迫力ある姿で、見る者に感動を与えてくれます。当日は、今にも降り出しそうな曇り空、とても冷たい!風の吹く中で、歓迎のあいさつは顔がかじかんで舌が回らないくらいでしたが、神事「天長地久の式」に続いて、5騎の射手が馬場を疾駆する流鏑馬が披露されました。スマートな競走馬から、どっしりとした和種馬まで、馬の姿も様々であり、寒さの中、観客からは大きな拍手が沸き起こっていました。
  同じ時間帯、小田原駅ビルのラスカ6F「U-meテラス」では、「梅の健康効果に関する講演会」が開かれました。講師は、和歌山県立医科大学准教授の宇都宮洋才先生。宇都宮先生とは、昨年2月に和歌山県みなべ町で開催された「全国梅サミット」でお目にかかり、伺ったお話をぜひ小田原の人たちにも聴かせたいと、昨年9月に下曽我で梅生産者向けの講演会を開かせて頂きました。たいへん好評であったこともあり、今回は広く一般向けの講演会として再度企画したものです。

続きを読む...

2019/02/13 11:29 | 未分類

2019年02月12日(火)

酒販協同組合、健康応援アプリ

  9日から11日までの3連休は、予報通りの雪とはならなかったものの、とても寒い3日間でした。特に11日の流鏑馬のときは、十分な防寒対策をしていなかったこともありますが、久しぶりに「寒い!」と感じました。数日前の暖気で蕾が緩んだ梅の花前線も、少し足踏みといったところでしょうか。
  8日午前中、2件の嬉しい訪問を頂きました。
  ひとつは、小田原酒販協同組合の皆さんによるご寄付。毎年この時期、組合が販売元となっている本市の特産品のひとつ「小田原梅わいん」の売上の一部を地域に還元するべく、平成15年から毎年様々な形でご寄付を頂いております。ご寄付は金額としてではなく、観光案内版、植林用苗木、梅まつり横断幕、梅の里センターのロビー用テレビなど、梅などによる観光振興を具体的に支える物品として頂いてきており、とても助かっています。16回目となる今年は、下曽我駅前にあり、観梅の拠点ともなる梅の里センターの展示コーナーに設置する、梅の写真パネル7点。雪化粧した富士を背景に咲き揃う梅など、この地ならではの梅の風景などを題材にした写真で、「梅の里」の魅力を伝えてくれるものです。早速、展示コーナーに設置、既に始まっている梅まつり関係の来場者に楽しんで頂いております。

続きを読む...

2019/02/12 10:56 | 未分類

2019年02月08日(金)

北茨城、浪江

  6日から7日にかけて、北茨城市と浪江町を訪ねて来ました。
  北茨城市では、今年で7回目となる「廃棄物と環境を考える協議会」が開催されました。北茨城市は、関東一円の自治体や衛生組合からの一般廃棄物(焼却灰など)を長年にわたり受け入れて来られました。地域の環境や市民生活にも少なからぬ影響があることから、環境負荷をできるだけ低減すべく、同市が廃棄物を受け入れている自治体などと協議会を設立。会として、廃棄物の減量化、廃棄物やごみ処理の技術研究、環境行政の推進に向けた国への政策要望などに取り組んで来ました。毎年この時期に総会を開いており、昨年は小田原市でも開催した経緯があります。
  小田原市では、一般廃棄物の焼却灰が年間6,500t以上発生しており、本来なら自区内にて埋め立てるべきですが、久野にある最終処分場の残余スペースが極めて少ないため、全国で5ヶ所の最終処分場に受け入れをお願いしています。北茨城市にはそのうち3割ほどを受けて頂いています。今回の総会でも、豊田稔市長や処分場事業者の皆さんに日頃の感謝を述べるとともに、小田原市は協議会の理事でもあるので、今後も廃棄物減量や環境行政の進化に取り組むべく、加盟自治体の首長さんたちともコミュニケーションを図りました。

続きを読む...

2019/02/08 11:37 | 未分類

2019年02月07日(木)

事業の節目、モルディブ大使

 4日、長い期間取り組んできた重要な事業2件が、大事な節目を迎えました。
  ひとつは、市民ホール整備事業。設計者と施工者が緊密に連携して設計から施工までを一体的に行うデザインビルドの手法により、市民ホールの設計作業が進められて来ましたが、1月末に実施設計が完了。この日、設計を手がけた環境デザイン研究所の仙田会長と斎藤所長から、最終的な実施設計図と完成予想パースなどの説明を受けました。基本計画などにまとめられて来た望ましい仕様をほぼ盛り込みながら、前計画から10億円以上の建設費縮減が可能となっており、高く評価できるものです。長い経過と紆余曲折を経て来た懸案だけに、ひとまず安堵。春先には、いよいよ着工を迎えます。
 もうひとつは、新斎場の整備事業。現在、工事は建物部分が最終局面に入っており、今年度中にはほぼ完了の見込みで、その後に炉の試運転など準備を重ね、7月には予定通り供用開始へと進みます。この日は、工事の進捗報告と次年度の予定、各市町の負担金額などの確認を行いました。事業完遂にほぼ見通しが立ったことから、事業の節目に開催して来た「小田原市斎場事務広域化協議会 執行者会議」(共同で事業を進めてきた2市5町の首長による会議体)も、今回で最後となります。平成10年頃の検討開始以来、こちらも紆余曲折を経て進んで来た事業だけに、やはり感慨深いものがあります。

続きを読む...

2019/02/07 14:03 | 未分類

2019年02月06日(水)

県ラグビー協会キックオフ、コバケンさん

 3日、午後から横浜へ。神奈川県ラグビーフットボール協会主催の「キックオフラリー2019」に参加しました。例年この日は市内の松原神社・白髭神社・大稲荷神社の節分追儺祭(豆まき)に欠かさず参加してきましたが、ラグビーワールド杯本番を直前に控え、県内のラグビー関係者との結束と連携を強化すべく、今年はこちらへの参加を優先したものです。

続きを読む...

2019/02/06 11:02 | 未分類

2019年02月05日(火)

梅まつり、新九郎、久野ウォーキング

 2月最初の週末は、見事な晴天に恵まれました。
 2日、前々日に降った雪で裾野まで真っ白になった富士山を背景に、梅まつりの開園式が行われました。「春告げ花」の名の通り、この日は早い春が来たかと思わせる、うららかな日和。会場となった下曽我駅前の梅の里センターへの道中、早咲きの十郎は早くも2分ないし3分咲き。風もほとんどなく、下曽我の梅林界隈には、梅の香りがハッキリと感じられました。梅まつりは3月3日まで、下曽我の別所・中河原梅林のほか、小田原城址公園、辻村植物公園、小田原フラワーガーデンでも開催(フラワーガーデンは3月10日まで)。2日の午後、家族とともにフラワーガーデンにも足を運んでみましたが、こちらも紅白の様々な種類の梅がすでに見ごろとなっていました。ぜひ、多くの人たちに各所の梅を楽しんで頂きたいと思います。

続きを読む...

2019/02/05 13:05 | 未分類

2019年02月04日(月)

新東名の建設現場を視察

  1日午後、山北へ。建設が急ピッチで進められている、新東名高速道路の工事現場を視察しました。
  この視察は、神奈川県小田原土木センターと小田原市とで毎年行っている現場視察会の一環として行われたもので、土木センターの相原所長や同センターの職員の皆さん、そして市からは私と時田副市長、建設部長、建設部職員が参加。新東名建設のNEXCO中日本秦野工事事務所の長浜所長以下、現場を担う各社の皆さんから説明や現地案内を行っていただきました。

続きを読む...

2019/02/04 09:51 | 未分類

2019年02月01日(金)

市文化連盟、『風の谷』への提案

 2月に入りました。昨夜は久しぶりのまとまった雨。箱根や丹沢ではこの冬初めての本格的な雪となったようで、私の部屋からは真っ白に雪化粧した、明け行く明神ケ岳の稜線部が望まれます。梅まつりの開園式を明日に控え、この雨で蕾もぐっと開花に近づくことでしょう。

続きを読む...

2019/02/01 13:45 | 未分類

2019年01月31日(木)

SDGs全国フォーラム

  30日、朝一番で横浜へ。パシフィコ横浜で開催された「SDGs全国フォーラム2019」に参加してきました。
  2017年に国連が発表して以来、急速に広がっているSDGs(Sustainable Development Goalsの略称、持続可能な開発目標)。日本でも、今年度は全国各地にモデル都市が選定され、都道府県としては唯一選定された神奈川県の黒岩知事が熱心に推進。神奈川県が主催となり、同じくモデル都市に指定された横浜市・鎌倉市も共催し、全国の地方自治体や企業などに参加を呼び掛けて実現したフォーラムです。400名ほどの応募枠に1700を超える参加希望者があったそうで、各界からの関心の高さが伺えます。
  フォーラムの冒頭では、県内外の首長らが居並ぶ中、黒岩知事、片山・内閣府特命担当大臣、外務副大臣、国連広報センター所長などの挨拶に続き、「SDGs日本モデル宣言」を採択。続いて、元NHKキャスターの国谷裕子さんをモデレータにした、モデル都市首長らによる対談。さらに、SDGsに意欲的に取り組む自治体として、6つの自治体から事例報告。

続きを読む...

2019/01/31 09:15 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.