市長の日記

市長の日記

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2020年02月18日(火)

ミナカ視察、SDGsフォーラム

 14日午後、建設工事が着々と進むお城通り地区再開発事業の広域交流施設「ミナカ小田原」の現場を視察しました。事業を運営する万葉倶楽部㈱の高橋眞巳専務・高橋剛司常務をはじめ、建設工事を統括する五洋建設の皆さんにご案内いただきました。
 

続きを読む...

2020/02/18 13:18 | 未分類

2020年02月17日(月)

吉田ゼミ、西部協、酒販組合、名取さん

 昨夜から台風並みの強い風が吹いており、夜中に風の音で何度か目覚めました。この低気圧が東へ抜けると、また寒気が入ってくるようです。15日に合間を見つけてフラワーガーデンを訪れてみました。園内を彩る各種の梅は暖冬のためか、花の盛りを迎えているものが多かったので、この風でだいぶ散るのではないでしょうか。
 先週の13日、公務を終えてから東京・田町へ。前横須賀市長の吉田雄人さんが運営している「GGR(Glocal Government Relationz)株式会社」の人材育成ゼミ公開講座に、講師としてお招きいただきました。テーマは小田原市におけるSDGsの取り組み。学生、社会人、地方議会議員など25名ほどの皆さんが、熱心に話を聞いてくださいました。吉田さんとは久しぶりの再会でしたが、相変わらず精力的に活動されており、民間分野と公共分野を繋ぎながらこの国の課題解決に奔走するお姿に、大いに刺激を受けました。

続きを読む...

2020/02/17 11:08 | 未分類

2020年02月14日(金)

流鏑馬、食品衛生協会、二世会人形劇

 11日、一ヶ月にわたり開催されている「小田原梅まつり」の中で代表的な催事である「流鏑馬」が、原地区に拡がる田園の中で行われました。この日は、雲一つない晴天を背景に真っ白な富士が望め、周囲の十郎は満開、風も穏やかで寒さを感じることのない、絶好のコンディション。地元の建設業者である川久保組の皆さんに設営して頂いた馬場(普段は農道)で、大日本弓馬会の皆さんにより勇壮な流鏑馬が披露され、沿道を埋めた大勢の観客からはやんやの拍手が沸き起こっていました。

続きを読む...

2020/02/14 13:45 | 未分類

2020年02月13日(木)

おだわらジビエ、交通死亡事故ゼロ

 10日、市役所の近くに昨年開設された民間の食肉処理施設「おだわらジビエたつ義(たつよし)」を訪問しました。この施設では、近郊の山林で捕獲されたイノシシやシカをさばき、食肉として飲食店などに販売しています。また、食用に適さない部位や骨などは、猟犬用などのペットフードに加工し販売。いずれにしても、市内では初めての本格的なジビエ施設と言えましょう。

続きを読む...

2020/02/13 13:41 | 未分類

2020年02月12日(水)

市民ホール、順調

 8日、伊豆市で開催された「全国梅サミット」から小田原に戻り、市民ホールの建設現場で行われた今年度2回目の市民ホール整備推進委員会に参加しました。

続きを読む...

2020/02/12 11:09 | 未分類

2020年02月10日(月)

県市長会、梅サミット、梅酒まつり

 7日、午後から横浜へ。今年度4回目の神奈川県市長会の市長会議が開かれました。この日の主要な協議事項は新年度の役員体制であり、今年度まで会長を務めた小林・厚木市長の後任の人選などでした。協議の結果、満場一致で私が次期の県市長会会長に選出されました。任期はこの4月から2年間です。県内19市の市長の代表として、しっかりと力を尽くしていく所存です。

続きを読む...

2020/02/10 11:21 | 未分類

2020年02月07日(金)

弁護士会市民会議、廃棄物と環境を考える会

 新型コロナウィルスの動向が連日報じられています。市役所内でも関係所管の職員らが情報収集や対策協議を重ねていますが、6日、副市長を委員長とする「小田原市感染症等危機管理対策会議」を設置、当面の対処方針などを確認しました。正確な情報提供、感染症対策、市施設の衛生管理、関係機関との情報共有など、基本的な対処方針を共有し、事態の推移に応じていく考えです。
 5日、朝から横浜へ。今年度2回目となる、神奈川県弁護士会市民会議に出席しました。この日のテーマは、①災害問題に対する弁護士会の取り組み、および②死刑問題に対する弁護士会の取り組み。
 ①については、阪神淡路大震災や東日本大震災などの経験を踏まえ、特に被災された市民が様々な困難に直面する中で、生活再建や各種補償制度の適用に関する支援、近隣との紛争の解決における支援など、弁護士会が有する各種法制度に関するノウハウとそれに基づくアドバイスが極めて有効であることが共有されました。それら専門知識を要する支援は行政職員だけでは対応が難しいことも多いため、平時から弁護士会と連携し、災害発生時に市民の皆さんに適切に対応できる体制を整えておくことが重要。小田原市としても改めて弁護士会との連携を進めたいと思います。
 ②は非常に難しい問題です。国際的には、先進国を中心に死刑廃止の動きが進んでいますが、わが国ではまだ8割の国民が死刑制度を容認しているとのアンケートもあります。犯罪被害者の遺族への支援制度をまずは充実させること、重い罪を犯した人が更生する可能性、死刑があることによる犯罪抑止効果など、様々な観点からの意見や問題提起がなされました。

続きを読む...

2020/02/07 09:58 | 未分類

2020年02月06日(木)

湘南ベルマーレ、開幕前の表敬訪問

 4日、湘南ベルマーレの皆さんが、今シーズンの開幕を目前に控え表敬訪問にお越し下さいました。

続きを読む...

2020/02/06 15:02 | 未分類

2020年02月05日(水)

2つの取材、3か所での豆まき

 3日、午前中に2件の取材がありました。
 ひとつは、TBSの報道番組「Nスタ」で放映された、漁港の駅TOTOCO小田原に関するレポート「小田原市漁港の駅に行列のワケ」の中での市長コメント。TOTOCOの3階展望デッキにて収録が行われました。快晴に恵まれ、キラキラ光る相模湾を目の前にした収録で、とてもまぶしかったのですが、TOTOCOが誕生するまでの経緯、新鮮な魚が提供される仕組み、市の活性化に向けた期待など、10分ほどの収録。即日、17時過ぎに放映されました。

続きを読む...

2020/02/05 11:23 | 未分類

2020年02月04日(火)

梅まつり、三三さん寄席

 1日、朝から爽やかな晴天。この日から始まった「梅まつり」の開園式に臨むため、下曽我の「梅の里センター」に向かいました。道中振り返ると、裾野までキレイに雪化粧した富士山が大きくそびえ、千代あたりからは早咲きの「十郎」がかなり咲き揃っていました。青空を背に、近景に梅花、遠景に雪化粧した富士という構図は、小田原でも屈指の眺めであり、その素晴らしさを誇りに感じます。
 梅の里センターでは、曽我梅まつり実行委員会、小田原市観光協会の皆さんをはじめ、下曽我地区の諸団体の役員さんなどが勢揃いし、1ヵ月にわたる梅まつりの盛況を祈って梅酒で乾杯。今回は50回目という節目であり、期間中の催事や園内での出店などに工夫が凝らされているほか、小田原では初めて「厳選梅酒まつりin小田原」が開かれます。これは、全国から選りすぐりの梅酒80種ほどが集まり、試飲ができるイベントで、2月8日~11日、曽我別所会場のほか、HaRuNe、小田原城本丸広場の3会場で開かれます(詳しくはこちら)。各会場とも大いに賑わってほしいと思います。

続きを読む...

2020/02/04 11:10 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.