悪質な不用品買い取りのトラブルにご注意を!

不用品の買い取りに関する相談が寄せられています。本人が実際に売ろうとしていた物ではなく、宝石や貴金属などを強引に買い取っていく悪質な手口です。

相談事例1

「衣類、鞄、靴など何でも買い取ります」と電話があり、衣類を用意しておいた。後日、買い取り業者が訪問してきたので、衣類を見せたが、「貴金属はないか」と聞かれ、見せるだけのつもりでアクセサリーを数点出した。衣類と鞄とアクセサリーを6千円で買い取られた。アクセサリーの中には鑑定書付きの高価な指輪があり、安く買い取られたと後悔している。クーリング・オフしたい。

相談事例2

買い取り業者が突然訪問してきて、ネックレス1本と衣類を1万円で買い取ってもらった。買い取ってもらった日から6日後に気が変わり、業者に電話でクーリング・オフを申し出たら、既に売却してしまった衣類があるので、すべてを返却することができないと言われた。すべて返却してほしい。

相談事例3

訪問買い取り業者のチラシを見て、ミシンと健康器具の査定を依頼した。訪問してきた業者に、ミシンと健康器具を見てもらったが、「ほかにカメラや時計などはないか」と聞かれ、カメラと時計を出した。査定の結果0円と言われ、カメラと時計を持ち帰られてしまった。その場では怖くて断ることができなかった。査定0円なら返してほしい。

アドバイス

  • 自分で買い取ってもらいたい物品以外に、「貴金属はないか」などと売却を求められても、きっぱりと断りましょう
    (買い取り業者が、当初の話とは別の物品の売却を求めることは禁止されています)
  • 突然訪問してきた買い取り業者は、家に入れないようにしましょう
  • 買い取り業者に物品を売却されてしまうリスクを避けるため、クーリング・オフ期間(契約後8日間)は業者に物品を引き渡さないようにしましょう
  • 訪問買い取り業者とトラブルになった場合は、小田原市消費生活センター(0465-33-1777)に相談しましょう

最終更新日:2021年06月14日



この情報に関するお問い合わせ先

市民部:地域安全課 市民相談係(消費生活)

電話番号:0465-33-1775


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.