【くらしの豆知識】電動シャッターでの事故にご注意ください。

 電動シャッター動作時に死亡または重傷を負った事故は、平成13年6月から平成29年9月末までに28件発生し、14人のかたが死亡、15人のかたが怪我をしています。
 電動シャッターはモーターの強い力により動いているため、降下しているシャッターは大人の力でも止めることは困難です。また、チェーンの破断などにより、シャッターが突然落下するケースもあります。

電動シャッターがある場所での注意点

シャッターの下には「座らない、立ち止まらない」

 部品の劣化や破損により、予期せぬときにシャッターが降下することがあります。電動シャッターの下には、「座らない、立ち止まらない」ようにしましょう。

動作中のシャッターの下はくぐらない

 動いているシャッターの下をくぐると、挟まれて事故につながることがあり、大変危険です。動いているシャッターの下は絶対にくぐらないようにしましょう。
  • 安全装置がついていないシャッターの場合、人が挟まれていても停止しません。
  • 安全装置がついていても、センサーが反応せずに、人が挟まれる事故も発生しています。

最終更新日:2018年11月07日


この情報に関するお問い合わせ先

市民部:地域安全課 市民相談係(消費生活)

電話番号:0465-33-1775


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.