「火山災害警戒地域」の指定について

 令和3年3月26日に「富士山火山防災対策協議会」(山梨県・静岡県・神奈川県などで組織)において、富士山火山ハザードマップが改定され、大規模噴火では、溶岩流が本市に17日後に到達することが公表されました。
 
 本市は、令和3年5月31日に内閣府から「火山災害警戒地域」に指定されました。
富士山火山のハザードマップ改定内容
火山の想定 改定後       改定前          
     想定火口地点        252箇所       44箇所
    大規模噴火火口地点        69箇所※       13箇所
    噴出量(大規模噴火時)        13億㎥       7億㎥
※ 69箇所のうち、本市に影響がある火口は2箇所

富士山ハザードマップ改訂版

富士山ハザードマップ改訂版

最終更新日:2021年06月10日



この情報に関するお問い合わせ先

防災部:防災対策課 地域防災係

電話番号:0465-33-1856


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.