【市内初】前方後円墳を発見―谷津金ノ台遺跡第Ⅲ地点―

城山一丁目で実施していた個人住宅建設工事に伴う発掘調査で、前方後円墳が確認されました。
今回見つかった古墳は、墳丘(ふんきゅう…土が盛られた部分)は削られていましたが、周溝(しゅうこう…古墳の周りに掘られた溝)が前方後円墳の形をしており、祭祀をする際やお墓に用いられる底部穿孔土器(ていぶせんこうどき…底に穴を開けて日常には使えない状態にした土器・埴輪の原型)が多数出土している様子から、前方後円墳であることが確認されました。
出土している遺物から、3世紀末(古墳時代初頭)の古墳と考えられます。神奈川県内では海老名市の秋葉山3号墳に次ぐ2番目の古さです。

【発見の重要性】
市内では、確実に前方後円墳と言える初めての遺構の発見です。
小田原やその周辺地域には、前方後円墳を造ることができる有力者は存在していたはずですが、これまで明確な遺構は確認されていませんでした。
前方後円墳は、ヤマト王権の影響の強い古墳です。今回の発見は、小田原とその周辺地域のヤマト王権との関係など、古墳時代初頭の歴史解明に大きく寄与することが期待できます。
 

写真1 検出された前方後円墳(北西から)

写真1 検出された前方後円墳(北西から)

図1 想定される墳形

図1 想定される墳形

最終更新日:2022年08月12日



この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.