「プラスもう一皿!」野菜を食べて脳血管疾患予防

小田原市の脳血管疾患による死亡率(平成30年)は、県内19市の中でワースト1位となっており、全国と比べても高い状況にあります。脳血管疾患を予防するためには、食事は重要なポイントです。特に塩分を控えることと、とりすぎた塩分を体の外へ出してくれる働きのある野菜をとることは、脳血管疾患の予防に役立ちます。
近年、コロナ禍で外食を控え、弁当や総菜をコンビニエンスストアやスーパーマーケットで購入し、家で食事をする中食の利用者が増えています。 
そこで、市内に店舗を構えるセブン-イレブンに協力をいただき、令和3年9月から野菜の摂取量の増加や減塩に関するPOPの設置、チラシの配架を実施します。
 
コンビニエンスストアで商品を購入する際に、野菜を一品足してみてはいかがでしょうか。食事からご自身の健康に関心を向けてみましょう。お立ち寄りの際はぜひご覧ください。
POPとチラシは定期的に変更予定です。どうぞ楽しみにお待ちください。
市長からセブンイレブンに情報発信依頼

9月2日 市長からセブンイレブンに協力依頼


令和3年9月から市内セブンイレブンで設置がスタートします

9月‗コンビニポップ

「毎日野菜をプラス1皿」のPOP

 



 

食生活を改善するヒントその1

「食生活を改善するヒント その1」のチラシ


チラシのダウンロードはこちらから

食生活を改善するヒント その1  PDF形式 :518.9KB


店内の様子(POPの設置)

店内POP
店内POP(カット野菜)


最終更新日:2021年09月13日



この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター) 成人保健係

電話番号:0465-47-4723


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.