6月23日から29日は【男女共同参画週間】です

男女共同参画週間のバナー
男性と女性が、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには、みなさん一人ひとりの取組が必要です。
私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか?

令和4年度「男女共同参画週間」のキャッチフレーズが決定しました。

男女共同参画週間 ポスター

内閣府では、毎年テーマを決めてキャッチフレーズを公募しています

今年度は「『男だから』『女だから』といった性別的役割意識にとらわれず、個性と多様性を尊重し、自身の可能性を信じて誰もが生きがいを感じられる社会を実現していくきっかけとなるキャッチフレーズ」をユース世代を対象に募集し、応募総数2,522点の中から、審査の結果、以下の作品が選ばれました。

最優秀作品
「「あなたらしい」を築く、「あたらしい」社会へ」
優秀作品
「じぶんを生きよう 自分の人生、自分らしく。」
優秀作品
「あなたの色と、私の色。混ざり合ったら新しい色。」


男女共同参画週間展を開催しています

男女共同参画展
令和4年6月13日(月)~30日(木)@UMECO

おだわら市民交流センターUMECO(多目的スペース)にて、男女共同参画に関するパネル展示を行います。
皆さんの身近にある「男女共同参画」に気づくきっかけがあるかもしれません。是非お立ち寄りください。

※写真は、令和3年度開催時のもの。
 


ジェンダーギャップ指数って知ってる???
世界経済フォーラム(World Economic Forum:WEF)が2021年3月、「The Global Gender Gap Report 2021」を公表し、各国における男女格差を測るジェンダーギャップ指数(Gender Gap Index:GGI)を発表しました。この指数は、「経済」「政治」「教育」「健康」の4つの分野のデータから作成され、0が完全不平等、1が完全平等を示しています。2021年の日本の総合スコアは0.656、順位は156か国中120位(前回は153か国中121位)でした。前回と比べて、スコア、順位ともに、ほぼ横ばいとなっており、先進国の中で最低レベル、アジア諸国の中で韓国や中国、ASEAN諸国より低い結果となりました。
(「共同参画」令和3年5月号)
ジェンダーギャップ指数2021  120位/156か国
1
アイスランド
2
フィンランド
3
ノルウェー
4
ニュージーランド
5
スウェーデン
11
ドイツ
16
フランス
23
英国
24
カナダ
30
米国
63
イタリア
79
タイ
81
ロシア
87
ベトナム
101
インドネシア
102
韓国
107
中国
120
日本

最終更新日:2022年06月01日



この情報に関するお問い合わせ先

市民部:人権・男女共同参画課 人権・男女共同参画係

電話番号:0465-33-1725


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.