小田原市

よくある質問

 

 

カテゴリー一覧

質問と回答の一覧  老後

質問 回答概要 担当課
敬老祝金品の対象者と内容を教えてください。 敬老祝金品は、民生委員や地区の役員が直接お渡しするか、敬老行事の場で贈呈しています。対象者と内容は次のとおりです。・・・ 福祉健康部:高齢介護課
敬老行事の対象者は何歳以上ですか。 敬老行事は、自治会などが各地区の77歳以上の高齢者を対象に開催しています。(ただし、平成29年度のみ76歳以上の方が対象となります。)詳しいことは担当の民生委員や地区の役員さんにお尋ねください。 福祉健康部:高齢介護課
後期高齢者医療制度の個人の保険料はどれくらいになりますか。 被保険者にご負担いただく保険料は、各被保険者が均等に負担する均等割額と被保険者の所得に応じて負担する所得割額の合計額となりますが、具体的な額につきましては、各被保険者の所得の状況等により異なり・・・ 福祉健康部:保険課
後期高齢者医療保険料は、特別徴収(年金からの天引き)の場合、いつの年金から天引き開始となりますか。 原則として4月の年金受給時から特別徴収を開始しますが、年度の途中で75歳になられる方や、年度の途中に転入された場合などは、特別徴収開始までに更に時間がかかることがあります。 福祉健康部:保険課
私は65歳になりましたが、介護保険料はどのように納付するのですか。 市から介護保険料の納付書をお送りしますので、銀行等の窓口で納付してください。銀行等口座からの自動引き落としを希望されるかたは、金融機関に備え付けの申請用紙でお申し込みください。 福祉健康部:保険課
私の地区を担当する地域包括支援センターはどこですか。 小田原市には8か所の地域包括支援センターがあります。各センターの担当地区は次のとおりです。 ※平成27年度から地域包括支援センターの担当地区の区分が、中学校区から自治会連合会の区域に変更となりました。 福祉健康部:高齢介護課
高齢者の金銭管理を手伝ってもらえませんか。 小田原市社会福祉協議会の小田原あんしんセンターが行う地域福祉権利擁護事業では、判断能力が衰えた等の理由で金銭管理に不安を感じる高齢者などが、できるだけ自立した生活ができるようお手伝いします。 【・・・ 福祉健康部:高齢介護課
高齢者筋力向上トレーニング事業に参加するにはどうすればよいですか。 一般の高齢者を対象に、生きがいふれあいセンターいそしぎや、地区の公民館などで筋力向上トレーニング事業を実施しています。開催の都度、広報おだわらや回覧などでご案内します。 そのほか、基本健康診査の・・・ 福祉健康部:高齢介護課
高齢者体操教室に参加するにはどうすればよいですか。 高齢者体操教室は、毎週月曜日(年末年始等を除く)の午後1時30分から3時00分まで、生きがいふれあいセンターいそしぎで開催しています。参加を希望するかたは、直接会場でお申し出ください。運動できる服装と・・・ 福祉健康部:高齢介護課
高齢者の紙おむつ等の支給事業について教えてください。 介護者の経済的負担を軽減するため、紙おむつ等を支給します。 福祉健康部:高齢介護課
徘徊高齢者SOSネットワーク事業について教えてください。 徘徊の心配のある認知症高齢者を事前に市と警察に登録すると、行方が分からなくなったときに関係協力機関に情報を提供し捜索します。まずは高齢介護課(電話0465-33-1864)にご相談ください。 福祉健康部:高齢介護課
介護(介護予防)サービスを利用したいのですが、どうしたら良いでしょうか。 まずは、要介護(要支援)認定を受けてください。認定を受けるための申請手続きは、市役所、支所・連絡所、マロニエ、いずみで行うことができます。認定を受けた後、ケアプラン(介護サービス計画)の作成を、・・・ 福祉健康部:高齢介護課
介護保険の要介護認定を受けたいのですが、申請方法について教えてください。 要介護認定申請書等を市に提出してください。申請手続きは、市役所、支所・連絡所、マロニエ、いずみで行うことができます。手続きの際には、介護保険被保険者証、かかりつけの病院の診察券、医療保険証(65・・・ 福祉健康部:高齢介護課
要介護認定を受けた後、心身の状態が悪化しました。いまの介護度で利用できるサービス量では足りないのですが、どうしたら良いでしょうか。 要介護(要支援)認定区分の変更申請を行うことができます。要介護(更新)認定の申請時と同じように、市役所、支所・連絡所、マロニエ、いずみで申請手続きを行ってください。 福祉健康部:高齢介護課
住宅改修費や福祉用具購入費の上限額は、介護度によって異なりますか。また、介護度によって利用できる内容に制限はありますか。 介護度による違いはありません。なお、住宅改修費は20万円分まで、福祉用具購入費は10万円分(年間)まで利用できます。 福祉健康部:高齢介護課
今後に備えて住宅をバリアフリー化したいのですが、改修費用に対する助成制度はありますか。 要介護(要支援)認定を受けている方について、いま現在、住宅改修の必要性が認められる場合のみ、介護保険の住宅改修費の支給対象となります。 福祉健康部:高齢介護課
介護保険の住宅改修制度を利用したいのですが、手続きについて教えてください。 要介護(要支援)認定を受けている方は、住宅改修費の支給を申請することができます。事前申請が必要ですので、改修を行う前に、ケアマネジャー(要支援の方は地域包括支援センター)に相談し、必要書類をご用・・・ 福祉健康部:高齢介護課
要介護認定を受けている家族がいます。住宅の建て替えに当たり、バリアフリーに配慮した設計にしますが、新築費用に対する補助は受けられますか。 住宅を新築する場合は、介護保険制度の住宅改修の支給対象とはなりません。既存住宅の改修を行う場合のみ、支給対象となります。 福祉健康部:高齢介護課
施設に入所した場合の食費・居住費の減額制度はありますか。 介護保険施設に入所したとき、または短期入所(ショートステイ)を利用したときの食費、居住費は原則自己負担となりますが、条件(市民税非課税世帯や生活保護受給者)を満たす場合は、申請により「介護保険負・・・ 福祉健康部:高齢介護課
介護保険被保険者証が探しても見あたりません。どうしたら良いでしょうか。 被保険者証を再交付しますので、「介護保険被保険者証等交付再交付申請書」に必要事項を記入の上、市役所16番窓口へ提出してください。申請書は、窓口にご用意しているほか、小田原市のホームページからダウ・・・ 福祉健康部:高齢介護課
[1]   2   3   >>   
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.