よくある質問

質問と回答の一覧

質問 回答概要
3月に古い軽自動車を引き取ってもらい、新車に替えたのに旧車と新車分の2通の納税通知書が来たのですが。 旧車を引き取った業者が廃車手続きをしていない、あるいは4月2日以降に廃車手続きが完了したことが考えられます。このような場合は引き取り先の業者へ手続きが完了した日を確認してください。
市税の口座振替は、どこの金融機関を利用できますか? 小田原市内に本支店がある金融機関の口座で口座振替ができます。(市外店舗に口座をお持ちの場合でもお申し込みができます。)
固定資産税・都市計画税又は市県民税について、年間一括で納付したいのですが。  固定資産税・都市計画税又は市県民税について、年間分を一括して納付する場合は、納付書で納付してくださるようお願いします。(口座振替による一括納付は扱っておりません。)
口座振替を開始するはがきが届いたが、すでに納付書で納付してしまった場合、どうすればいいですか? 口座振替の開始時期以降の分をすでに納付書で納付してしまったとき、二重納付となる場合は、翌月中に還付または充当の通知を送付します。
振替口座の口座名義人が亡くなったのですが、どうすればいいですか? 小田原市内にお住まいの方や、小田原市内の固定資産を所有される方が亡くなった場合は、相続人代表者指定の届出をしてください。口座振替を停止し、納付書を送付します。
市税の振替口座を別の口座に変更したいのですが、どうすればよいですか? 小田原市内の取扱金融機関に申込用紙が備え付けてありますので、納税通知書または納付書、通帳、口座届出印をご持参の上、手続きをしてください。
市税の納付方法を口座振替から納付書に変更したいのですが、どうすればよいですか? 口座振替の利用を取りやめる小田原市内の金融機関に申込用紙が備え付けてありますので、納税通知書、通帳、口座届出印をご持参の上、廃止(解約)の手続きをしてください。
軽自動車税を口座振替により納付しており、追加で軽自動車を所有した場合について 軽自動車税については、納税義務者ごとに口座振替を行っています。口座振替で軽自動車税を納付している納税義務者が追加で軽自動車を所有した場合は、手続きすることなく口座振替を行います。
市税の口座振替を郵送で申し込みたい。 小田原市ホームページ「口座振替で納付」のページから、申込用紙を印刷し、必要事項を記入、口座届出印を押印のうえ、小田原市市税総務課宛にに郵送してください。
農耕トラクターを新たに買いました。標識を付けなくてはいけませんか? 農耕トラクターなど乗用の農耕作業車(※)は、道路走行の有無にかかわらず、標識を取り付けることが義務付けられています。市税総務課で、標識の交付を受けてください。
自賠責保険は入らなければいけませんか? 原動機付自転車(125cc以下)を含む全ての自動車の保有者に、法律で加入が義務付けられています。市役所では手続きができませんので、損害保険会社等へお問い合わせください。
軽四輪自動車を7月に廃車しました。軽自動車税は5月に納付済です。月割りで税金は還付されますか? 軽自動車税には自動車税と異なり、月割制度がありません。年度の途中で廃車・譲渡した場合でも軽自動車税の還付はありませんのでご注意ください。
納付書を紛失してしまったがどうすればよいですか。 市税総務課において再発行しますのでご連絡ください。 また、市役所や住民窓口等に直接お越しいただいても納付することができます。
税金を納めるのに口座振替が利用できますか。 個人市県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税は、口座振替により納付することができます。 口座振替の申込・変更・解約手続きは、小田原市の指定金融機関等の全国の本支店でできます。
口座振替日に残高がなく、振替ができなかったのですが、どうしたらよいですか。 口座振替日(納期限)の10日程度後に、納税義務者宛に郵送で納付書を送付しますので、金融機関やコンビニエンスストア等で納付してください。再振替はいたしません。
税金はどこで納めることができますか。 小田原市内に本支店のある金融機関、郵便局、市役所、マロニエ住民窓口、いずみ住民窓口、こゆるぎ住民窓口、アークロード市民窓口、コンビニエンスストアで納付することができます。
破産により免責決定になったのですが、未納の市税について納付する必要がありますか。 破産免責決定となった場合でも、税金は免責にはなりません。納税義務はあります。
土日や夜間に市税を納めたいのですが、できますか。 土日や夜間に市税を納付する場合、コンビニエンスストア、アークロード市民窓口、マロニエ住民窓口で納付できます。 なお、納付には納付書が必要です。必ずご持参ください。
差押えられた財産はどうなりますか。 差押え・公売などの一連の手続きを滞納処分といいます。差押え後も納付がない場合は、差押えた財産の取立や公売を行い、市税に充てることになります。
市税を誤って多く納めてしまった場合はどうなるのですか。 既に納められた市税について、誤って多く納めすぎた場合や税額変更等により税額が少なくなった場合には、「市税等還付通知書」及び「過誤納金還付請求書」(ハガキ)をお送りし、納め過ぎとなった分を還付します。
[1]   2   3   >>   
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.