登録有形文化財・清閑亭(旧黒田長成別邸)
(せいかんてい (きゅうくろだながしげべってい))

国登録 平成17年7月12日
所在 南町1-5-73
形状等 木造平屋 一部2階建
瓦葺
建築面積 276.0㎡
黒田長成の別荘として、明治時代末期から大正時代初期に建てられた邸宅と庭園です。
戦後は浅野家を経て、生命保険会社の施設として使われ、平成17年、建物が国の登録有形文化財、翌年には敷地が小田原城跡三の丸土塁の一角を占めることから国の史跡に指定されました。その後平成20年に小田原市の所有となりました。

建物全体は数寄屋造りで、その結構は「雁行型」と呼ばれます。これは棟が斜に並ぶ姿を、空を飛ぶ雁に例えたもので、桂離宮や二条城にも見られます。

南の庭から建物を見返すと、平屋建ての部分と2階建ての部分の屋根が、ほぼ同じ高さに見えます。これは平屋部分の「建ち」(天井)が高いだけでなく、屋根に「むくり」と呼ぶ丸味が付いているためです。
清閑亭の写真1
清閑亭の写真2

また、建物のぐるりを石敷きの犬走が巡り、基礎は土台敷きと呼ばれ、通風に優れています。

清閑亭周辺は「天神山」と呼ばれる尾根の先端部であり、小田原の街や相模灘を一望できる眺望に恵まれた場所で、ほかに皇族の閑院宮家、山下家(旧山下汽船創業者)、北原白秋など多くの文化人や政財界人、軍人が邸宅や別邸・別荘を構えていました。

公開情報

清閑亭は令和4年(2022年)4月1日(金)より休館中です。(ご見学いただけません)

アクセス

JR、小田急線、大雄山線、箱根登山線「小田原」駅より、徒歩約15分
※駐車場はありませんのでご注意ください。

地図を表示

>> 大きい地図を表示

 からの 

最終更新日:2022年06月20日



この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.