医療費の適正化にご協力ください

 国民健康保険事業の財政運営は、高齢化の進展や医療の高度化など、さまざまな理由で医療費が年々増加傾向にあり、大変厳しい状況となっています。
 いつでも安心して医療が受けられるよう国民健康保険制度の安定的な制度運営にご理解をいただき、私たち一人ひとりが、健康の維持、医療機関の適正受診を心がけ、医療費の抑制にご協力をお願いいたします。

セルフメディケーションを心がけましょう

 「セルフメディケーション」とは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と世界保健機関(WHO)で定義されています。
 普段から適度な運動と栄養バランスのよい食事、十分な睡眠時間を確保し、自然治癒力を高めておきましょう。
 ちょっとした体調不良の際には、薬局・薬店・ドラッグストアなどで市販されている医薬品(OTC医薬品)などを上手に使って、自分自身で健康の維持や病気の予防・治療をしましょう。症状に合ったお薬を適切に使用するために、病気や薬について分からないことは自己判断せずに、かかりつけの薬局や薬剤師さんを決めておくと、より適切なアドバイスが受けられます。
 また、特定健診や人間ドックなどを毎年定期的に受けて、自身の健康状態を把握することで、疾病などの早期発見・早期治療に努め、重症化予防につなげましょう。

かかりつけ医をもちましょう

 具合が悪くなった時、普段の健康状態を把握してくれて相談できる身近な「かかりつけ医」がいると安心です。信頼できる身近な「かかりつけ医」を作り、相談する習慣をつけましょう。

薬のもらい過ぎに注意しましょう

 薬は用法・用量を守って服用しましょう。守らず服用すると体に悪影響を与えてしまう心配があります。また、薬の飲み合わせや成分によっては、思わぬ副作用が生じる恐れがあります。「お薬手帳」を活用し、処方されている薬を医師や薬剤師に伝え、薬の重複や飲み合わせを確認してもらえるようにしましょう。「お薬手帳」を病院や薬局ごとに使い分けているなど、複数お持ちの方は一冊にまとめるようにしましょう。

最終更新日:2020年11月12日



この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:保険課 国民健康保険係

電話番号:0465-33-1845


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.