レポーターブログバナー
[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2021年09月10日(金)

「緑の波」 三の丸ホール・オープニングセレモニーに寄せて

「緑の波」「緑の波」2021年9月5日は暑からず寒からず、神様が三の丸ホールのオープニングを祝って準備してくれていた様な日でした。7月にオープンした小田原市観光交流センターと三の丸ホールの間にあるイベントスペースには11時のセレモニー前から多くの市民が楽しみに集まっていました。

続きを読む...

2021/09/10 18:09 | 芸術

2021年09月06日(月)

三の丸ホールのオープニング・セレモニー

(写真1)三の丸ホールの看板(写真1)三の丸ホールの看板 9月5日日曜日、幸いにして昨日までの小雨が上がり、曇天の中いよいよ「三の丸ホール」のオープニングを迎えた。御堀端通りに面して、真新しい「小田原三の丸ホール」の看板が鮮やかな芝生の緑に映えていた(写真1)。

続きを読む...

2021/09/06 15:20 | 芸術

2021年03月22日(月)

文字に想いを乗せて「カリグラフィー」

文字に想いを乗せて「カリグラフィー」
カリグラフィーという呼び名はご存じなくとも、きっと皆さんいろいろな場面で目にされていると思います。ギリシャ語で「美しい手書き文字」という意味で、ペンを使いフリーハンドで綴っていくアルファベットのお習字のようなものです。

もう20回の歴史を持つという作品展が17日からダイナシティで開催されるというので見に行ってきました。
小田原在住の井上代峰子さんは第一人者の小田原真貴子さんに師事後、小田原等で教室を主宰されています。今回は井上さんと生徒さんの作品約50点が出品されています。
吹き抜けで開催しているのでお仕事帰りにも立ち寄れるのがいいですね。

詩や散文、歌詞、スピーチ等をレイアウトして綴っていきます。同じテキストでも、使う書体や構図でまったく印象が異なる作品になり、その人の個性が存分に出てきてオンリーワンのものとなります。文字にデザイン性を持たせることで、より多くの表現が盛り込めるようです。書体もどんどん新しいものが生み出されているとのことです。
数々のメッセージと、手書きの魅力の両方を堪能したひとときでした。

21日(日)まで。10~20時(最終日17時まで)。ダイナシティウエスト1階キャニオン。

じんちゃん
カリグラフィー1カリグラフィー1

続きを読む...

2021/03/22 08:51 | 芸術

2020年11月09日(月)

文化レポーターの三の丸ホール見学ツアー

三の丸ホール全景(写真1)三の丸ホール全景(写真1)10月23日、小雨が降る中、建設が進む「三の丸ホール」の見学ツアーが開催された。小田原市文化部文化政策課の主催で、小田原市文化レポーターのメンバーが参加した。

朝10時に集合して、施工を担う鹿島建設(株)の松岡所長より、建設状況の説明を受けた。来年3月末の竣工を目指して、現在内装関係の工事に取り掛かっているそうだ。マスク着用は当然のこととして、全員ヘルメットを被り手袋をして建設現場へ向かった。建物全体は、まだ足場で覆われている(写真1)。

 

続きを読む...

2020/11/09 11:43 | 芸術

2020年08月18日(火)

3人展-広川英夫×平塚幹男×木下泰徳

3人展 広川英夫×平塚幹男×木下泰徳3人展 広川英夫×平塚幹男×木下泰徳久しぶりのレポート。ギャラリーNEW新九郎で開催されていた「3人展-広川英夫×平塚幹男×木下泰徳」を訪ねた。小田原で活躍する3人の作家、色彩豊かな色彩で独特の風景を描く広川英夫さん、木彫の群像で宇宙を語る平塚幹男さん、何気ない窓外に美の感性を見出す木下泰徳さん、同世代の円熟した作家さんたちだ。折しもコロナ第2波の懸念される8月2日の日曜日、訪れた熱心なお客さんと作家さんの美術談義に花が咲いていた。
 

続きを読む...

2020/08/18 13:38 | 芸術

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.