日影、斜線の制限・高度地区の内容及び建築基準法第22条区域

日影、斜線による建築物の制限・高度地区の内容

建築物を建築する場合、用途地域により各種制限があります。

日影による中高層の建築物の制限・高度地区の内容  PDF形式 :83.9KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


日影による中高層の建築物の制限・高度地区の内容

※高度地区に関しては、緩和措置があります。

※開発許可等に係る建築物の形態制限に関しては、以下で確認をしてください。

建築基準法第22条区域図

建築基準法第22条第1項本文の規定により指定する区域は下図のとおりです。
※防火地域・準防火地域については都市計画課にてご確認お願いします。
建築基準法第22条区域図

最終更新日:2022年03月14日



この情報に関するお問い合わせ先

都市部:建築指導課 審査係

電話番号:0465-33-1435


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.