レポーターブログバナー
[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2022年11月24日(木)

街の文化サークル Enjoy“English” 英語を楽しむ 小田原英語ガイド研究会

文化レポートでは、これまで「小田原でこんな美術展」のシリーズを投稿してきました。今回からは「街の文化サークル」を紹介していこうと思います。最初にご紹介するのは、「小田原英語ガイド研究会」です。

続きを読む...

2022/11/24 16:58 | コミュニティ

2022年11月04日(金)

小田原三の丸ホール開館1周年記念事業『矢野顕子 さとがえるコンサート2022』

『矢野顕子 さとがえるコンサート2022  featuring小原礼・佐橋佳幸・林立夫』
~12月9日(金)小田原三の丸ホールにて~


矢野顕子さんの「さとがえるコンサート」が、なんと三の丸ホールで開催されます!

「さとがえるコンサート」とは、ニューヨーク在住の矢野さんが日本に里帰りをして開催する、来日、と呼ぶよりも親しみを感じる恒例の名物コンサートです。
今回、小田原以外では埼玉・東京・大阪・名古屋・福岡を巡回します。この並びで小田原です。興奮が隠せません。

 矢野顕子さんは'76 年「JAPANESE GIRL」でソロデビュー以来、YMO との共演や数多くのCMソングなどで、幅広い世代から愛されるシンガーソングライター。誰でも一度はその透明感のある声を聞いたことがあるでしょう。
 様々なミュージシャンとの共演でも話題を呼ぶ矢野さんですが、当日は小原礼さん(ベース)・佐橋佳幸さん(ギター)・林立夫さん(ドラム)との共演です。

 少しマニアックな話題になりますが…
小原さん・林さんは、日本ポップス史の中で、現在に至る迄の様々な時代を作り支えて来たリズムセクションプレイヤー。
 佐橋さんは「ラブ・ストーリーは突然に」、「TRUE LOVE」等の誰もが耳にしたであろう、あの歌この歌でのイントロギター等で大活躍のギタリスト。

バラードからロックンロールまで彩り豊かな歌が収録された、2021年のアルバム「音楽はおくりもの」で共演した4人が繰り広げる小田原でのコンサート。
音楽マイスター達はどんなスペシャルセッションを三の丸ホールに響かせてくれるのでしょう。最高の時間になる事は間違いなし、日に日に期待は高まるばかりです。

12月と言う事で、自分への、もしくは誰かへのクリスマスプレゼント、はたまたコンサートという形の忘年会、それぞれがそれぞれの気持ちを持って、おでかけになってみてはいかがでしょうか?

筆者自身としては、歩いて行ける距離に矢野顕子さんが来てくれる事が嬉しくて嬉しくて仕方がないんです。
コンサートの余韻を熱々のままで家に帰れるんですから!

○写真
筆者思い出のアルバム。1992年作品。
「SUPER FOLK SONG」
CDジャケット。

高校生だった頃。音楽番組でタイトル曲「SUPER FOLK SONG」をピアノ弾き語りで歌う矢野顕子さんを見た時の
「なんて楽しそうに歌う人なんだろう~」と感じたトキメキは、今も忘れられないのです。

公演詳細は、こちらをご覧下さい。
https://ooo-hall.jp/event/20221209.html

尚、本レポート掲載後にチケット完売の場合もございますので、その際は悪しからずご了承の程、お願い申し上げます。

続きを読む...

2022/11/04 09:13 | 音楽

2022年10月17日(月)

小田原三の丸ホールの歴史を開く情熱の響き (三の丸クラシックス2022秋Ⅰ、園田紘子ピアノ・リサイタルを聞いて)

小田原に三の丸ホールが出来ておよそ1年間が過ぎ、多くの素晴らしい演奏がされてきました。9月11日に開催された園田さんのピアノ・リサイタルは、小ホールにおける開館1周年事業を冠する<ピアノ・リサイタル>としては、最初の歴史を飾る素晴らしい演奏会として、人々の記憶に残るに違いありません。
園田さんは、西湘高校ご出身で、武蔵野音楽大学をご卒業後、欧州で研鑽を重ねられ、2013年からほぼ1年おきにリサイタルをされています。この日も西湘高校の関係者の皆様も多く見受けられ、ほぼ満席に近い状態で、開催されました。地元のご出身の方が、新しい三の丸ホールでご活躍されることは、文化の地産地消でも在り、まさにSDGsを実現するためにも大切なことと思います。また、今回弾かれたピアノは、市民会館で長年愛用されていたスタインウェイで、三の丸ホールへ移設・活用に辺り完全にオーバーホールされたもので、大変コンディションの良い状態に熟成した状態でされ、この日に臨まれました。
 

 

続きを読む...

2022/10/17 13:25 | 音楽

2022年09月09日(金)

『小田原物レコード・その2』

文化レポーターの和田崇裕です。

7月に当ブログにて突如スタートしました連載「小田原物レコード」。
今回は第2弾をお届け致します。

「小田原物レコード」とは概ね以下のテーマを扱っております。

◯小田原縁の人物がテーマ。
◯小田原をPRするレコード。
◯小田原でジャケット撮影されたレコード等々です。

(未読の方は、併せまして第1弾も是非ご一読下さい。)
https://www.city.odawara.kanagawa.jp/index.php?
p&d=field%2Flifelong%2Fculture%2Freporter%2Fr
eporter&c&type=article&art_id=7737



今回は、歌手・三波春夫さん(1923~2001)が手掛けた、この2枚です。

三波さんと言えば、1964年の東京オリンピックでは「東京五輪音頭」。
1970年の大阪万博では「世界の国からこんにちは」。
現在も尚、この2つの歴史的イベントを振り返る際には、その歌がシンボリックテーマとして取り上げられる程の国民的歌手です。

そして、浪曲師でもある三波さんは、様々な歴史上の人物や物語を歌われており、その中で小田原と縁ある人物の事も、オリジナル浪曲として発表されています。

続きを読む...

2022/09/09 13:28 | 音楽

2022年08月31日(水)

『ぐるり富士山』

 昨年9月に第一回が開催され、ユニークな企画で好評を博したグループ展「ぐるり富士山」のvol.2を初日に鑑賞してきた。

ギャラリーNEW新九郎で
 会場のギャラリーNEW新九郎は、有望な若手作家、高い評価を得て活躍する中堅ベテランの作家や海外の作家も紹介する、小田原で最も勢いのあるギャラリーだと思う。

この場所にあるからこそ
 大型商業施設の中にあって、気軽に行くことができる、このギャラリーには、銀座通りの書店の上階にあった旧ギャラリー新九郎とは別の趣と魅力がある。広域から車でやってくる人々、小田原を超えて、県央、湘南から、静岡県東部、伊豆の人たちまでに向けた発信力がある。 今回の作品展が成立したのは、この直前に展覧会を開催していたドイツの作家セラフィナ・レンツの小田原滞在制作時のコーディネーターの仲介によるという。ギャラリーNEW新九郎という場が、このような人を繋ぐ縁をつなぐネットワークとして膨らみ、その新たな出会いが作家たちの創作活動とそれを支える人々の大きな輪を作っている。

続きを読む...

2022/08/31 11:25 | 美術

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.