レポーターブログバナー
[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2021年04月12日(月)

ありがとう市民会館まつり - 2 「ミニコンサート」

写真1:ミニコンサートのチラシ写真1:ミニコンサートのチラシ 3月24日から28日まで、7月末に閉館する小田原市民会館59年の歴史に感謝する「ありがとう市民会館まつり」が開催されました。小田原市かもめ図書館を拠点に活動してきた「かもめコンサート実行委員会」も、小ホールで第十回記念コンサートや大ホールで石井歡先生没後10年記念コンサートなどを市民会館で開催してきました。それらの活動の場への感謝の気持ちを形にするため、3月27日土曜日に市民会館小ホールでミニコンサートを企画しました。出演者は、ピアノ演奏の園田紘子さんとホルン奏者の都築紘子さんの「ダブル紘子」さんです(写真1)。

続きを読む...

2021/04/12 10:21 | 音楽

2021年04月02日(金)

ありがとう市民会館まつり - 1 「市民会館アーカイブ調査と『市民会館記録展』」

写真1:ありがとう市民会館まつりのチラシ写真1:ありがとう市民会館まつりのチラシ 今年7月末に小田原市民会館は59年の歴史に幕が下りる。「小田原市民会館閉館記念事業」の一環として、その歴史を振り返る「みんなの市民会館思い出展」が、3月24日から28日の5日間に亘って開催された(写真1)。思い出展では、「市民会館記録展」、「市民会館の絵画たち展」、「ありがとう市民会館美術展」が開催された。「市民会館記録展」は「市民会館思い出アーカイブ隊」、「市民会館の絵画たち展」は「おだわらミュージアムプロジェクト」、「ありがとう市民会館美術展」は「西相美術協会」がそれぞれ主催した。

続きを読む...

2021/04/02 16:25 | 歴史

2021年03月22日(月)

文字に想いを乗せて「カリグラフィー」

文字に想いを乗せて「カリグラフィー」
カリグラフィーという呼び名はご存じなくとも、きっと皆さんいろいろな場面で目にされていると思います。ギリシャ語で「美しい手書き文字」という意味で、ペンを使いフリーハンドで綴っていくアルファベットのお習字のようなものです。

もう20回の歴史を持つという作品展が17日からダイナシティで開催されるというので見に行ってきました。
小田原在住の井上代峰子さんは第一人者の小田原真貴子さんに師事後、小田原等で教室を主宰されています。今回は井上さんと生徒さんの作品約50点が出品されています。
吹き抜けで開催しているのでお仕事帰りにも立ち寄れるのがいいですね。

詩や散文、歌詞、スピーチ等をレイアウトして綴っていきます。同じテキストでも、使う書体や構図でまったく印象が異なる作品になり、その人の個性が存分に出てきてオンリーワンのものとなります。文字にデザイン性を持たせることで、より多くの表現が盛り込めるようです。書体もどんどん新しいものが生み出されているとのことです。
数々のメッセージと、手書きの魅力の両方を堪能したひとときでした。

21日(日)まで。10~20時(最終日17時まで)。ダイナシティウエスト1階キャニオン。

じんちゃん
カリグラフィー1カリグラフィー1

続きを読む...

2021/03/22 08:51 | 芸術

2020年11月13日(金)

◆市民会館閉館記念シリーズ(三)◆

(写14a)市民会館本館(市政30周年記念号より)(写14a)市民会館本館(市政30周年記念号より)市民会館大ホールの建築デザインから見た魅力 ③

6.市民会館本館の建設の影響

大ホール開館の3年後、昭和40年(1965年)5月8日に大ホール正面入口の東側に隣接して市民会館・本館が完成した(写真14a)。

続きを読む...

2020/11/13 15:31 | コミュニティ

2020年11月12日(木)

◆市民会館閉館記念シリーズ(二)◆

(写5)開館近い大ホールの外観(市デジタルアーカイブより)(写5)開館近い大ホールの外観(市デジタルアーカイブより)市民会館大ホールの建築デザインから見た魅力 ②

3.大ホールの建築デザインの特徴

昭和37年(1962)7月28日に開館した小田原市民会館大ホールの設計者は、「創和建築設計事務所」、建設業者は「(株)熊谷組」であった。大ホールは東側、即ちクランクする国道1号線側が正面となるようにデザインされている(写真5)。

続きを読む...

2020/11/12 15:23 | コミュニティ

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.