小田原市

よくある質問

 

 

カテゴリー一覧

質問と回答の一覧  給食

質問 回答概要 担当課
学校給食に生野菜やサラダはなぜでないのですか。 食中毒を未然に防ぐため、大量の食材を扱う学校給食の調理は、国が示す衛生管理マニュアルにそって、調理作業工程や、調理作業手順ごとの点検を確実に行いながら、仕上げていきます。加熱調理が原則です。 教育部:学校安全課
米飯給食に牛乳の組み合わせは合わないのではないですか。 1食当たりの給食費の内、主食や牛乳を除いたおかずにかけられる経費は、小学校で約140円、中学校で約180円となります。学校給食は、生きた教育教材です。魚料理、肉料理とメリハリをつけ、変化に富んだ・・・ 教育部:学校安全課
栄養教諭の資格、役割、配置状況について教えてください。 食の指導の充実に向けた栄養教諭制度は、国において平成16年度に創設され、平成17年度に施行されました。その主旨は、「食の自己管理能力」や「望ましい食習慣」を子どもたちに身につけさせるため、学校に・・・ 教育部:学校安全課
給食物資納入業者の申請、登録方法を教えてください。 毎年、広報おだわら10月15日号で公募しています。登録要件は、学校給食用物資納入業者登録要綱のとおり。申請期間である12月3日から12月14日までに申請があった業者に、業者選定委員(小中学校長代・・・ 教育部:学校安全課
どうして調理業務の民間委託を行うのですか。 保護者の皆さんに負担していただいている給食費は、すべて食材料の費用になります。この他の施設整備や人件費、備品・消耗品の購入などは、小田原市が負担しています。給食内容の充実を図りつつ、予算を有効に・・・ 教育部:学校安全課
学校給食の中で、食物アレルギー児童への対応はどうなっていますか。 食物アレルギーを引き起こす原因となるアレルゲンは多岐にわたり、また、その症状も個人により大きく異なっているため、代替食を調理することは難しいのが現状です。該当者の希望者には通常の献立表の他に給食・・・ 教育部:学校安全課
これだけ流通経路が発達している現在、地場産の食材にこだわる必要があるのでしょうか。コスト面からみてもどうですか。 現在本市の学校給食で地産地消している農産物は、春から夏にかけて沢山取れるたまねぎ、夏にはねぎやなす、秋には休耕田を利用して作られた里芋、冬から春先まで小松菜やほうれん草などが中心です。また・・・ 教育部:学校安全課
調理業務を民間に委託すると給食費は高くなりませんか。 学校給食の運営にあたっては、食材費が保護者負担の給食費で、その他の経費を教育委員会が負担をしています。民間委託する調理業務は、教育委員会が負担をしている経費ですので、民間委託によって保護者の方々・・・ 教育部:学校安全課
経済的な理由で給食費を納めるのが困難なのですが、何か援助はありますか。 生活保護法に規定する要保護者(いわゆる生活保護世帯)に準ずる程度に困窮している児童及び生徒の保護者に対して、学用品費・給食費・医療費等を援助する「準要保護児童生徒援助費」という制度があります。 ・・・ 教育部:学校安全課
調理業務を民間に委託すると質が落ちると聞きましたが、どうですか。 委託しても食材を発注したり、味をチェックするのは学校栄養士ですので、従来と同じ食材を同じ店に発注し、今までどおり新鮮な食材を使用し、削り節などでおいしいだしを取り、手作りで安全なおいしい給食を作・・・ 教育部:学校安全課
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.