市長コラム

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]
2022年02月24日(木)

市長コラム(令和4年2月24日)

 22日は、県西地域2市8町プラごみゼロ共同宣言調印式を行いました。プラスチックごみによる海洋汚染が大きな課題になっている中、2018年の夏に由比ヶ浜にシロナガスクジラの赤ちゃんが打ち上げられ、胃の中からプラスチックごみが発見されました。これを契機に神奈川県は「かながわプラごみゼロ宣言」を発しました。当時、私は県議会環境農政常任委員会副委員長で、当時環境農政局長だった玉木さん(現副市長)と徹底的に議論したことを思い出します。その後、レジ袋の有料化、リサイクルの推進など活動が広がっております。
 小田原市は2019年1月に県の趣旨に賛同し活動を展開してまいりましたが、2020年2月に南足柄市加藤修平市長から、広域的に取り組もうという提案があり、今回の共同宣言となりました。県西地域は森里川海がコンパクトにまとまった地域であり共同で取り組む意義が大きいと思います。共同宣言後の首長研修会の講師は神奈川県環境科学センターの長谷川所長の講演でしたが、長谷川所長は2018年には環境計画課長でしたので、こちらも感慨深いものがあります。


 

続きを読む...

2022/02/24 10:22 | 未分類

2022年02月21日(月)

市長コラム(令和4年2月21日)

 16日に小田原市議会3月定例会が開会しました。期間は3月25日までとなっています。今議会には予算議案として3月補正予算と令和4年度当初予算を提案しています。令和4年度当初予算は新年度からスタートする第6次総合計画「2030ロードマップ1.0」を推進するための施策が盛り込まれており、一般会計710億円、特別会計664億円、企業会計334億円、総額1709億円となっており、特別会計以外は過去最大規模となっております。各常任委員会、予算特別委員会、本会議で議論を深めてまいります。なお、施政方針については、全文(動画あり)をホームページに掲載しておりますので、ご覧ください。
 

続きを読む...

2022/02/21 17:24 | 未分類

2022年02月14日(月)

市長コラム(令和4年2月14日)

 13日は、おだわらイノベーションラボで開催された「ベビーテックフェスティバルin小田原~知りたい!知ってほしい!新しい子育て~」に参加しました。ベビーテックとは、子育てを支援するテクノロジーのことで、A Iによる泣き声分析や寝かしつけ機能を搭載したロボットや、妊娠・子育て中の身体の不調をアプリ上で簡単に相談できるサービスなど、その種類は多岐にわたります。新しい総合計画「2030ロードマップ1.0」に掲げる「生活の質の向上」に子育て環境の充実は欠かせませんし、その推進エンジンとなる公民連携とデジタル技術の活用の要素を含んだ経済産業省主催の実証事業です。
 パネルディスカッションでは、参加者からの声も寄せられました。その中に、子育てにテクノロジーを持ち込むことに罪悪感を感じるといった声がありました。罪悪感を感じることは全くなく、使える技術やサービスをどんどん取り入れて、親がゆとりを持って子どもに愛情を注ぐ環境が必要で、真面目さあまり、悩みを個人で抱え込んでしまうことのほうが問題であるとの意見に納得しました。離乳食にフリーズドライ商品をうまく取り入れている方もいらっしゃいます。子どもを寝かしつけるのに、本やぬいぐるみを使うのと同様に、上手く新しいサービスを活用していただければと思います。

続きを読む...

2022/02/14 13:13 | 未分類

2022年02月10日(木)

市長コラム(令和4年2月10日)

 8日は、小田原松風ライオンズクラブから、結成35周年記念事業として小田原こどもの森公園わんぱくらんどへ「野外時計」を、石垣山一夜城へ「説明板」のご寄附をいただきました。同クラブの設立には父も参画し、私も現役メンバーですので、35年の歴史の重みをあらためて実感しております。野外時計、説明板ともに、多くの市民の目に止まることと思います。心から感謝申し上げます。

続きを読む...

2022/02/10 16:21 | 未分類

2022年02月07日(月)

市長コラム(令和4年2月7日)

 5日は市内の新型コロナウイルス感染症の宿泊療養施設を現場確認しました。感染者と非感染者の明確なゾーニング分け、定期的な療養者の健康状態のチェック、飲食サービスの提供、毎日入れ替わる療養者情報の更新などを、医療関係者、施設管理関係者、県及び市職員の連携で的確に業務が行われていることを確認しました。緊張感の続く中で、それぞれの立場で県民、市民の健康管理にご尽力いただいてることに心から感謝申し上げます。

 

続きを読む...

2022/02/07 11:20 | 未分類

[1]   2   3   4   5   >>   [最後]

 
 

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.