麻酔科

最終更新日:2012年04月16日


よくある質問

Q1 全身麻酔はこわい?麻酔は安全なのですか?大丈夫ですよね?

A1
 残念ながら、全く危険のない麻酔というものは存在しません。薬のショックなど突発的な出来事は、どんな方でも、何回目の手術でも起こりえます。
 しかし、これらの出来事はまれであり、しっかりと対応できるよう準備をして麻酔を担当しています。異常が起きれば、担当している麻酔科医が直ちに処置していきます。

Q2 お酒をかなり飲むけれど、麻酔かかりますか?

A2
 全身麻酔は麻酔科医が薬の量を調節しますので、どんな人でも眠ることができます。ただし、お酒の飲み過ぎは、手術や麻酔に影響しますので、控えめにして下さい。

Q3 手術が終わったら目が覚めますよね?

A3
 全身麻酔中は、すぐに効き始めてすぐに切れる麻酔を流し続けます。流し続ける麻酔薬には、点滴から流す液体の麻酔薬と、肺に流すガスの麻酔薬と、2種類あります。麻酔薬を流し続けている間は眠っています。流すのを止めれば目が覚めます。 

 手術の間ずっと麻酔科医がついて、麻酔薬の量を調節していきます。

Q4 背中の麻酔、痛いですよね?

A4
 最初にとても細い針で痛み止めをうちます。痛くなくできるように努力しています。通常、「点滴の痛みくらいをがまんしていただければ」と説明しています。

Q5 手術の後、痛いですよね?

A5
 確かに手術の後の痛みは、コントロールが難しいこともあります。しかし、麻酔科医はすでに手術中から手術後の痛みコントロールについて工夫しています。いろいろな方法で痛みを和らげる対策をとっています。
 また、病棟では主治医の先生が痛み止めを用意してくださっています。


小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.