お問い合わせ 0465-34-3175 〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地

形成外科

形成外科では、主に皮膚・皮下にある病気の外科的治療を行います。
皮膚の異常や変形を治し、失った機能や体の一部を新たに作ることなどができます。

 

なお、1才未満の全身麻酔が必要な治療に関しては、乳幼児集中治療室を備えた医療機関への紹介を行っています。

1 顔面外傷、外傷後変形(けが、熱傷など、またはけがや手術の傷跡、変形)

体の浅い部分のけが、顔面外傷などは形成外科の専門分野です。たとえば、擦り傷、切り傷、熱傷(やけど)、顔の骨折(鼻骨骨折/頬骨骨折/下顎骨骨折)、それに交通事故などにより皮膚がはがれてしまった場合なども治療します。また、以前のけがの傷跡で、ケロイド状(傷跡が赤く盛り上がった状態)になったもの、拘縮(ひきつれ)をおこしているもの、外傷後に顔のゆがみを来しているものなども形成外科の専門分野です。

2 腫瘍、腫瘍手術後変形(皮膚のできもの、またはその手術後の傷跡や変形)

主に体の表面の良性、悪性の腫瘍を、できるだけ機能や形態を損なわないように治療する分野です。また、他の科の手術で失われた組織を治すこともします。例えば乳がんの手術後の乳房再建などです(乳輪・乳頭も再建可能です)。

3 表在性先天異常(生まれつきの体の表面の形や色の異常、あざなど)

体の外表面の形や色に関する生まれつきの異常は全て形成外科で行います。耳、口、鼻、まぶた、おへそ、性器、手指などの多くの病気があります。赤あざ、青あざ、黒あざなど種々のあざの治療も行います。特殊なレーザー照射については専門機関を紹介しています。

4 美容外科

ケミカルピーリング(高濃度ビタミンC)と老人性色素斑(シミ)に対するレーザー照射は毎水曜午後のスキンケア外来で行っています。
原則として美容外科手術(美容整形手術)は当院では行いませんが、美容手術を受けた後の後遺症に対しては治療をいたします。


交通アクセス

小田原駅西口より

バスをご利用の方
2番乗り場より
久野車庫、船原、坊所、久野車庫行き〜市立病院前下車
所要時間約10分
タクシーをご利用の方
所要時間約5分

アクセスマップへ

小児科携帯電話予約
小田原市立病院携帯サイト
紹介予約システムへのリンクバナー

診療科のご案内


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)