泌尿器科

泌尿器科

県西部基幹病院泌尿器科の役割を遂行すべく、泌尿器科疾患全般(尿路性器癌、尿路結石、尿路感染症、腎不全、科活動膀胱、神経因性膀胱、小児泌尿器科疾患など)を扱っています。男性不妊は扱っておりません。

また、迅速で的確な診断を行い、セカンドオピニオンも含めて良識ある診療を心がけています。癌の診断と治療が主体となりますが、結石破砕術(体外衝撃波による結石破砕術、軟性鏡下経尿道的結石破砕術)を積極的に施行しています。

理念

1 泌尿器科疾患全般について、適切なる治療を提供します。
2 理解しやすい説明と合意のもとに、治療を行います。
3 学会推奨の標準的な治療が基本ですが、逐次新しい治療方法も取り入れます。
4 県西部の基幹病院として、他病院及び開業医先生よりの紹介受入れを積極的に行います。

主な対象疾患

尿路性器癌(副腎、腎臓、尿管、膀胱、尿道、前立腺、精巣、陰茎など)、尿路感染症、尿路結石症、神経因性膀胱、尿失禁、腎不全

尿路性器癌

腎臓癌

腎臓癌は、腫瘍が大きくなるまで症状が現れません。しかし、最近では無症状のうちに超音波やCT検査で偶然発見される症例が増加しています。手術療法が最適の治療です。腫瘍の大きさにより 1.悪い部分のみ切除する部分切除、2.片側の腎臓全体を切除する腎摘出術(腹腔鏡または開腹)が行われています。再発・転移に対しては、主に分子標的治療薬を使用します。

尿路上皮癌(腎盂癌、尿管癌、膀胱癌)


突然の血尿で見つかることが多く、中年以上の人の、痛みの無い肉眼的血尿は要注意です。病状により、内視鏡手術や開腹による手術を行います。膀胱を全部摘出する場合は尿路変更が必要となります。尿路変更にはいくつかの方法が有ります。当院では、尿管皮膚瘻または回腸導管を行っています。標準的な化学療法を施行しています。

前立腺癌

 平成14年度より老人健診に前立腺癌の腫瘍マーカーである血液中のPSA(前立腺特異抗原)測定が組み込まれ、癌発見数は著しく増加しています。PSAの正常値は4ng/ml以下です。異常値の場合は、精密検査(前立腺針生検)が必要となります。治療は病状により手術療法、放射線療法、ホルモン療法を組み合わせて行います。

前立腺肥大症 

近年は薬物療法が主体です。排尿困難、尿閉(尿が膀胱より出ない)など症状が強い場合は、内視鏡的に手術を行います。前立腺が非常に大きい症例には開腹手術をします。

尿路結石症

体外衝撃波による結石破砕術(ESWL)、経尿道的軟性鏡下結石破砕術(f-TUL)を当院では施行しています。平成元年10月よりESWLを導入し、年間50人前後の治療を行っています。治療中に痛みが有り、痛み止めを使用します。初回は入院治療で行います。以後は、外来で継続治療となります。平成30年4月よりf-TULを積極的に施行しています。尿道から軟性鏡を挿入し、腎尿管結石をレーザーで破砕します。全身麻酔で2時間程度の手術ですが、比較的大きな結石でも短期に治療が可能です。1週間程度の入院治療となります。

頻尿・切迫性尿失禁

 膀胱過活動の状態があり、強い尿意を感じます。尿意の我慢が困難で、時に失禁を伴います。これを緩和するための薬物治療が主体です。前立腺肥大症、膀胱結石、膀胱腫瘍などが原因であれば、これらに対する治療が優先されます。

女性の腹圧性尿失禁

成人女性に多く見られ、日常生活に支障をきたします。骨盤筋肉強化体操療法、手術療法(TVT術)等で治療します。尿漏れのひどい腹圧性尿失禁(せき、運動など腹圧のかかるときに尿がもれる状態)にはTVT手術を行えますが、現在は女性疾患の専門施設での手術をお勧めしています。

神経因性膀胱(膀胱機能異常)

 脊髄腫瘍、脳血管障害、糖尿病、骨盤内手術(子宮癌、直腸癌等)で膀胱の神経が麻痺し、排尿がうまくできない病状です。内服薬、間歇的自己導尿、尿道留置カテーテルなど、個々の膀胱機能障害で治療方針を決めますが、当院には、神経因性膀胱治療の専門医がおりませんので、基本的には、近隣の専門施設へご紹介となります。

診療実績

手術件数(代表的疾患のみ記載) 
区分 H26 H27 H28 H29
総手術件数 188 139 137 167
腎摘出術 3 1 0 1
鏡視下腎摘除術 6 6 9 7
腎尿管摘除術 4 0 0 1
鏡視下腎尿管摘除術 14 6 3 5
膀胱全摘除術 1 2 1 3
前立腺全摘除術 10 7 6 10
経尿道的前立腺切除術 23 12 9 10
経尿道的膀胱腫瘍切除術 56 59 77 79
停留精巣・精巣捻転 2 2 1 4
ESWL(体外衝撃波結石破砕術)
区分 H26 H27 H28 H29
破砕件数 173 83 142 125
新患者数 82 40 49 449

 

スタッフ紹介

主任部長  原 芳紀  昭和58年新潟大学医学部卒業

資格
日本泌尿器科学会専門医・指導医
得意な分野
尿路悪性腫瘍
前立腺疾患
 

担当部長  長田 裕  平成8年横浜市立大学医学部卒業

資格
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
得意な分野
尿路悪性腫瘍
 

医師  宮井 敏孝  平成28年新潟大学医学部卒

資格
日本泌尿器科学会会員
得意な分野
泌尿器科一般

小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.