緩和ケア科

緩和ケア科

“緩和ケア”とは、「命に関わるような病気により、様々な問題に直面している患者さんやご家族のQOL(生活の質)を改善するアプローチ」と定義されています。そして、それは「体の痛みだけではなく、気持ちのつらさなどに早期から対応し、痛みやつらさを予防し、和らげること」が大切だとされています。

 

緩和ケア科の常勤医師は1名ですが、患者さんの主治医の先生や、緩和ケアチーム(看護師や薬剤師、心理士、医療ソーシャルワーカーなどが含まれます)などと共に多職種で、病気に伴って生じる全てのつらさや不安、問題を解消できるように診療にあたります。

主な診療内容

がんによって生じた体の痛み、精神的なつらさなどを緩和する診療を行います(外来であっても入院中であっても、治療方針は主治医の先生が決定します)。

 

緩和ケア外来は緩和ケア科医師が行います。がん治療を行っていても、並行して受診することが可能です。必要に応じて、看護師・薬剤師等の多職種と共に患者さん・ご家族のケアをしてまいります。なお、現時点では当院に主治医をおもちの患者さんのみを対象とさせて頂いておりますが、今後は対象を拡大できるように準備をしております。

患者さんが入院中の場合には、がん治療の有無に関わらず緩和ケアチームとして診療にあたります。

 

なお、がん以外の患者さんの緩和ケアも重要と考え、取組を進めております。

診療体制

緩和ケア外来:完全予約制 当院の主治医からの依頼が必要

入院中の患者さん:主治医もしくは病棟看護師からの依頼が必要


小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.