放射線科

最終更新日:2012年10月18日


X線CT検査

X線CT検査とはComputed Tomographyの略で、寝台に寝ていただいたまま筒状の装置の中に入り体の断層画像(輪切り)を撮る検査のことです。断層画像が得られることにより診断に大変役立つ検査です。     

当院で使用している装置はGE社製MDCTという装置です。横断面(水平面)の画像だけでなく、任意面の画像も得ることが出来ます。MDCTは頭から足までわずか十数秒で撮影することが可能です。血管の走行の撮影や動きの速い心臓などの撮影にも優れています。

当院で使用しているCT装置(同型機)

GE社製   ULTRA VCT

GE社製   ULTRA VCT

 

CT腹部水平断写真

CT腹部水平断写真

心臓・冠動脈3D像

心臓・冠動脈3D像

大動脈3D像

大動脈3D像


造影剤を使用する検査を受けられる患者様へ

◆ 造影CT検査で使用するヨード造影剤は、X線を用いた各種検査で広く使用されています。静脈内に注射することにより、診断や治療に有用な情報を得ることが出来ます。

 ヨード造影剤は比較的安全な薬剤と考えられていますが、過敏症のために副作用が出現する可能性があります。次の方は検査前にお申し出下さい

・過去に造影剤を使用した検査を受けられ、その際に気分が悪くなった方

・糖尿病と診断されたことがあり糖尿病薬を服用中の方

・妊娠されている、または可能性のある方

・喘息と診断されたことのある方

 

◆ 造影CT検査をお受けになる前に

 お食事は検査を受けられる2時間前より摂らないで下さい。お水やお茶などの水分はお飲み頂いて結構です。

造影CT検査を受けられた患者様へ

・ 造影剤は尿として排泄されます。排泄を促進させるため普段より多めの水分をおとり下さい。

・ 特に普段の生活に制限はありません。普段より多めの水分を摂って下さい。

・ 検査終了後、数時間から数日後に頭痛、吐き気、かゆみ、蕁麻疹などの症状が現れることがまれにあります。帰宅後、蕁麻疹等の副作用と思われる症状が現れた場合は、受診科へご連絡下さい。夜間も救急外来で対応いたします。


小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.