地域周産期母子医療センター

地域周産期母子医療センター

地域周産期母子医療センター

当院は、神奈川県の地域周産期母子医療センター(神奈川県西部地区:2市8町)の認可を受けています。この地区の人口は県の約4%程度ですが、面積にして県の約25%にも及ぶ地区になります。小児科には妊娠28週以降、体重1000g以上の低出生体重児の赤ちゃんにも対応できるNICUがあり、新生児の専門医とともにこの地区の基幹病院として、地域を中心に広い範囲からの周産期救急を受け入れています。お腹の赤ちゃんにご病気が疑われる場合や、生まれた赤ちゃんの状態が悪いときは、小児科と産婦人科が連携して、チーム医療を行っています。周産期専門医、臨床遺伝専門医も在籍しており、赤ちゃんに起こった様々な問題に対応しています。


センター内様子

また、お母さん自身のお病気で体調管理が必要な場合や妊娠中に起こった合併症等の場合には、内科や外科、心身医療科など他科の医師と連携して周産期管理も行っています。もし当センターだけで対応出来ない場合には県内外の各周産期センター同士のネットワークを使い対応します。もちろん、普通の妊娠やお産の方々も沢山受診されています。里帰り分娩の方も含めて年間に800人以上の方が分娩しています。妊娠12週以降は産科受診となり、基本的に紹介予約制です。



小田原市立病院

〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地 電話:0465‐34‐3175ファックス:0465‐34‐3179

© Odawara Municipal Hospital. All rights reserved.