感染症対策と健康管理

新型コロナウイルス感染症とは

新型コロナウイルス感染症の概要

コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスがあり、現在流行しているのが「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。
ウイルスは自分自身で増えることができず、粘膜などの細胞に付着して入り込み増えます。健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいますが、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。
流水と石けんでの手洗いや手指消毒用アルコールによって感染力を失わせることができます。
詳しくは、厚生労働省ホームページ国立感染症研究所ホームページをご覧ください。

感染の種類

感染の種類として、現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染
        感染者の飛沫(くしゃみ、咳(せき)、つば など)と一緒にウイルスが放出され、
        他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
(2)接触感染
        感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者の
        ウイルスが付きます。未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、
        感染者に直接接触しなくても感染します。

感染症対策

一人ひとりの感染症対策

ポスター
新型コロナウイルス感染症の対策としては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に咳エチケットや手洗いなどが重要です。またアルコールによる手指消毒も効果的と言われています。
過度な心配の必要はありませんが、お一人お一人が感染症対策に努めてください。

3つの「密」を徹底的に排除しましょう!

新型コロナウイルスへの対策として、クラスター(集団)の発生を防止することが重要です。日頃の生活のなかで3つの「密」が重ならないような工夫をお願いします。
1 換気の悪い「密」閉空間
2 多数が集まる「密」集場所
3 間近で会話や発声をする「密」接場面
蜜を避けて外出しましょう

身の回りの消毒・除菌について(次亜塩素酸ナトリウム・界面活性剤・次亜塩素酸水)

新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場における消毒・除菌の方法の選択肢を増やすため、経済産業省では、アルコール消毒以外の方法の有効性評価を実施しています。
「次亜塩素酸ナトリウム」「界面活性剤」「次亜塩素酸水」については、新型コロナウイルスに対して有効と判断されていますので、身の回りの消毒・除菌にご活用ください。

不要不急の外出の自粛

神奈川県では、「最低7割、極力8割程度の人との接触機会の低減」を目指して、外出自粛の協力が要請されています。また、在宅勤務(テレワーク)やローテーション勤務、時差出勤などについて、事業者に協力が要請されています。

※医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出
 し、必要な職場への出勤、自宅近隣における屋外での運動
 や散歩など、生活や健康の維持のために必要なものについ
 ては、外出自粛要請の対象外
ポスター

事業活動再開に伴う感染拡大防止対策について

事業活動の再開にあたっては、お客様やその家族を守り、また皆様の店・事業を守るためにも、各業界団体が策定するガイドラインを遵守するなど、感染拡大を防止するための対策を徹底していただく必要があります。
このため県では、業種別に感染防止対策で特に重要となる要素をまとめたチェックリストを作成しました。
このチェックリストは、WEB登録すると「感染防止対策取組書」が施設ごとに発行され、入口等に掲示することで、感染防止対策を「見える化」してPRすることができます。
事業者の皆様におかれては、この「チェックリスト」をご活用いただき、徹底した感染防止対策を実施していただきますようお願いいたします。

除菌水の配布は終了しました。

市民の皆様に配布を行ってきた次亜塩素酸水は配布を終了しました。

【厚生労働省】布製マスクの全戸配布について

厚生労働省から1住所当たり2枚ずつ配布することとしていた布製マスクについては、全国で概ね配布が完了しています。
未配達(届いていない)になってしまっている方や、不足分の追加配布を希望される方は、厚生労働省の下記の「布製マスク全戸配布申込みサイト」からお申込みください。

健康管理

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、自宅で過ごす時間が長くなっていると思います。活動範囲が制限されるため、運動不足になりやすく、食事も規則正しく摂ることが難しくなっているかもしれません。
感染症対策をしながらも、ご自身、家族の健康を守るため、生活を改めて見直し、工夫をしてみましょう!!

食生活について

運動について

 おだわら百彩は、市民の皆さんが住み慣れた地域で、健康で明るく、元気な毎日を過ごせるよう、
 手軽にできる運動としてつくった市民体操です。座ってできる体操もありますので、ぜひご自宅でお試しください!

こころの健康について

 新型コロナウイルス感染症のまん延とその対策の影響を受けて、仕事や生活に不安やストレスを感じている方も
 少なくないと思います。
 「こころの耳」では、こうした不安やストレスと上手に付き合う方法について、さまざまな専門家からのアドバイスを
 お届けします。また、新型コロナウイルス感染症に関連した情報や相談窓口などをご紹介しています。

高齢者の介護予防(フレイル予防)

 外出を控えていても、日々の生活で体力を落とさないようにすることが大切です。
 おなじみの曲とともに楽しく「小田原小唄体操」をやってみましょう!
 自宅でできる筋トレ・ストレッチを紹介する動画を掲載しています。
 毎日体を動かして筋肉の維持・向上を目指し、「新しい日常」を始めましょう!
リハビリ専門職の視点から、転倒しないコツなどの介護予防に役立つ情報を紹介する「リハビリ講座」シリーズの連載をはじめました。身体のメカニズムを知って、介護予防に取り組みましょう!
 健康長寿ネットは高齢期を前向きに生活するための情報を提供し、健康長寿社会の発展を目的に作られた
 公益財団法人長寿科学振興財団が運営しているウェブサイトです。

最終更新日:2020年07月10日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター) 成人保健係

電話番号:0465-47-4723


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.